F1サクヒールGP FP2:ラッセルが初日トップタイム。僅差でフェルスタッペン、ペレスが続く

 2020年F1第16戦サクヒールGPのフリー走行2回目は、メルセデスのジョージ・ラッセルがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは2番手、アレクサンダー・アルボンは5番手となっている。

 現地時間午後8時30分から始まったフリー走行2回目。気温24度、夜間になって路面温度も26度まで下がっている。このセッションから、セクター2のシケイン立ち上がり、ターン8にトラックリミットが設定された。コースからはみ出して走行すると、タイム抹消となる。

 セッション序盤は、大部分のドライバーがミディアムタイヤでの周回に専念した。開始後15分過ぎ、シャルル・ルクレール(フェラーリ)が「何かが壊れた」と伝えた直後にスローダウン。6速固定のまま何とか自力でピットに戻った。メルセデス、レッドブル・ホンダのトップ2チームが出ていない段階で、トップはルノーのエステバン・オコン。フェラーリはセバスチャン・ベッテル12番手、ルクレールはタイムを出せないままマシンの修理に入り、その後ドライブシャフトの破損と判明。コース復帰がかなわぬまま、初日を終えた。

 22分過ぎに相次いで出ていったメルセデス2台は、いずれもハードタイヤを装着。レッドブル・ホンダはミディアム。フェルスタッペンが、55秒043でトップに立った。アルボンはオコンの序盤のタイムをしのげず、3番手。4番手のバルテリ・ボッタス(メルセデス)以下、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)、ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)、そして8番手ラッセルまでの5台が、0.081秒内にひしめいている。

 その後各車はソフトタイヤに履き替え、ペレスが54秒866でトップに。ボッタスがすぐにその座を奪ったものの、ターン8ではみ出してタイムが抹消された。その直後にラッセルが、54秒713で首位に立った。ボッタスは次のアタックでもターン8で失敗するなど、オーバードライブが目立つ。

 レッドブルはフェルスタッペン3番手、アルボン5番手と、FP1からの伸びが今ひとつ。ふたりはともに、アンダーステア症状を訴えている。フェルスタッペンはその後ペレスを0.025秒しのいで2番手に上がったが、ラッセルには届かないままだ。3番手以下はペレス、オコン、アルボン、クビアトと続く。4番手オコンから9番手のガスリーまで0.2秒内という超接近戦で、予選も白熱した戦いが繰り広げられそうだ。

 セッション後半のロングランはまずソフトで行われ、フェルスタッペンが57秒台後半で最速。ボッタスがわずかに遅いペースだった。レーシングポイントはミディアムでのロングランでも、57秒後半から58秒前半の安定したペースを見せた。

 急きょルイス・ハミルトンの代役を務めたラッセルが、両セッションともにトップを取った初日だった。対照的にFP2のボッタスは、タイム抹消で11番手。フェラーリも不安定な挙動に苦しみ、ベッテルは何度もスピン、コースオフを繰り返し、16番手に終わった。