メルセデス最強の4ドアクーペ、AMG GT4改良新型にPHEV「GT 73」初設定か!?

■4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジン+電気モーターで800ps発揮

メルセデス・ベンツのハイパフォーマンス・4ドアクーペ「AMG GT 4ドアクーペ」のハイエンドバリアント、「AMG GT 63S」改良型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

メルセデス AMG GT4ドア_003
メルセデス AMG GT4ドアクーペ 改良型プロトタイプ

AMG GT4ドアクーペは、2018年3月のジュネーブモーターショーで初公開され、翌2019年に発売されました。現在「AMG GT43 4MATIC+」「AMG GT53 4MATIC+」「AMG GT63 4MATIC+」「AMG GT63 S 4MATIC+」がラインアップされており、これが初の改良型となります。

メルセデス AMG GT4ドア_009
メルセデス AMG GT4ドアクーペ 改良型プロトタイプ

ニュルブルクリンクテストセンター付近で捉えた開発車両は初期プロトタイプで、現行型とほほ同じ状態です。

しかし、フロントバンパーに白/黒のカモフラージュがほどこされており、メッシュの下には新設計されたエアインテークがあるはずです。

キャビン内では、インテリアのアップデート、インフォテイメントの最新バージョンの搭載や、ヘッドアップディスプレイの採用が期待できるでしょう。

パワートレインは、「AMG GT 43」および「AMG GT53」の3.0リットル直列6気筒ターボ+モーター、「AMG GT63」および「AMG GT63S」の4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンはキャリーオーバーされると予想されます。

メルセデス AMG GT4ドア_006
メルセデス AMG GT4ドアクーペ 改良型プロトタイプ

今回の改良型最大の目玉は、「GT 63e」あるいは「GT 73e」のバッジが付けられる可能性が高いプラグインハイブリッドモデルの設定です。

予想されるパワートレインは、4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンと単一電気モーターを組み合わせ、最高出力800psを発揮するフラッグシップモデルとなり、ポルシェ「パナメーラ S-E-ハイブリッド」の強力なライバルとなるはずです。

改良型のワールドプレミアは不明ですが、「CLS」とともに第一世代五に全ラインアップが段階的に廃止になるとも噂されており、その行方が注目されます。

(APOLLO)