WRCモンツァ:トヨタ、最終戦初日は3台がトップ5入り。首位のオジエ「これからが本番」

 12月3日、WRC世界ラリー選手権第7戦モンツァの幕が開け、3台のトヨタ・ヤリスWRCでシリーズに参戦しているTOYOTA GAZOO Racing WRTは、初日首位につけたセバスチャン・オジエを筆頭に、エルフィン・エバンスが総合4番手、カッレ・ロバンペラが総合5番手につけ、3名がトップ5に入った。

 2020年シーズン最終戦の舞台となるモンツァ・サーキットはF1などでお馴染みの伝統あるオールドサーキットだ。そんなモンツァが雪化粧するなかで迎えた第7戦において、トヨタはドライバー、コドライバー、マニュファクチャラーの3タイトル奪取を狙う。
 
 ラリー初日の3日(木)は午前中に行われたシェイクダウンの後、サーキット内に設定された全長4.33kmのSS1“ソットゼロ・ザ・モンツァ・レガシー”で競技が開幕。このステージで3分31秒5というタイムを記録したオジエが1日目をトップで終えることとなった。
 
 総合2番手と3番手は選手権を争うライバルであるヒュンダイ勢が続き、4番手にエバンスが入ったことでランキング上位4名がトップ4を占める形となった。とはいえ、5番手につけるロバンペラからトップとの差はわずか3秒と接戦模様だ。

「モンツァのような、ミックス路面のステージを走るラリーの経験はあまりなかったので、エンジニアとしては非常に難しい1日だった」と語るのは、TOYOTA GAZOO Racing WRTのテクニカルディレクターを務めるトム・フォウラー。

「今大会に向けては自分たちの知識を総動員して準備を進めてきましたが、ターマック仕様のクルマで滑りやすいグラベルや泥の上を走ることに慣れていないこともあり、学ぶべきことはまだ多くある」

「今後3日間の天気予報を見ると、できるだけ同じタイプのタイヤを使いたいが、全チームとも今週末に使える本数は制限されているため不可能であり、ベストな妥協点を探さなくてはならないんだ」

エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC) 2020WRC第7戦モンツァ
エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC) 2020WRC第7戦モンツァ
カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020WRC第7戦モンツァ
カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020WRC第7戦モンツァ

 初日を首位で終えたオジエは、「午後のSS1で良いタイムを出せたことは素直にうれしいが、まだ4kmしか走っていないし、これからが本番だ」と気を引き締めつつ、「今のところフィーリングは良いので、明日もこの調子で戦えることを期待している」と続けた。

 チームメイトであるオジエに対して14ポイントをリードして最終戦に臨むエバンスは「今朝のシェイクダウン1本目は厳しい走り出しになった。タイヤのグリップレベルを越え、クルマに少しダメージを負ってしまった」とコメント。
 
「しかし、チームが修復してくれた後はいくつか異なるタイヤやセッティングを試し、クルマを少し改善することができたよ。午後のSS1ではやや慎重になり過ぎたかもしれないが、全体的には問題なく走れたので、今週末はしっかりと戦えるはずだ」

 総合5番手から表彰台を狙うロバンペラは、SS1ではマージンを持って走り、コンディションを確認することに徹したという。

「サーキットのターマック路面は濡れると非常に滑りやすく、レーシングコースを離れて狭いグラベルに入ると草や泥の上をターマック用のセッティングのまま走ることになるため、本当に注意しなくてはならない」とロバンペラ。

「明日は、雨が降るかどうかも気になるね。経験が多くない自分にとっては難しい挑戦になると思うけど、可能な限り速く走り、チームのためにポイントを獲得できるように頑張るよ」

 競技2日目が行われる12月4日(金)は初日のデイ1と同様に、サーキット内に設定された3つのステージで争われる。SS2~SS6、5本のステージ合計距離は69.91km。リエゾン(移動区間)を含めた1日の総走行距離は77.24kmだ。

エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC) 2020WRC第7戦モンツァ
エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC) 2020WRC第7戦モンツァ
カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020WRC第7戦モンツァ
カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020WRC第7戦モンツァ
セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020WRC第7戦モンツァ
セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC) 2020WRC第7戦モンツァ