【F1第15戦無線レビュー(4)】バーレーンGPでのダブル表彰台は2013年以来「再び表彰台に帰って来れて良かった」

 2020年F1第15戦バーレーンGP決勝レースは、スタートから大クラッシュが発生。幸いにもロマン・グロージャン(ハース)は自力でコクピットを脱出し、最悪の事態は免れることになった。その後、再開されたレースを無線とともに振り返る
────────────────────
 57周のバーレーンGPは、残り5周となる53周目に突入。7番手のピエール・ガスリー(アルファタウリ)と8番手のダニエル・リカルド(ルノー)との差は2秒を切る。

 すると、この53周目の最終コーナーを立ち上がったところで、3番手を走行していたセルジオ・ペレス(レーシングポイント)がパワーユニット(PU/エンジン)トラブルを発生させて、マシン後方から白煙を上げ始める。そして、54周目のバックストレートでコース脇にマシンをストップさせてリタイア。ここでセーフティカーが導入される。

メルセデス:ステイアウトだ。
ハミルトン:本当だね?
メルセデス:(ピットインしてもトップのままコースに復帰できる)ギャップはあるけど、あと2周しかない。セーフティカーがいる限りはオーバーテイクされないから、ここはリスクは避けて、ステイアウトしたほうがいい

 ペレスのマシンを撤去するためにマーシャルがノリスの前でコースを横切る。

ノリス:コースを横切っているヤツがいる
マクラーレン:勇気のあるヤツだ
ノリス:勇気があるのか、馬鹿なのか

 レース序盤の再スタート後にタイヤがパンクしてピットインしていたバルテリ・ボッタス(メルセデス)は、レース終盤のセーフティカーラン中、再びパンクに見舞われる。

メルセデス:右リヤがパンクしているかもしれない

 しかし、セーフティカー先導のままチェッカーフラッグが振られることから、チームはハミルトン同様、ボッタスもピットインさせずにポジションを維持してレースを終了させた。なお、メルセデスはボッタスに対して38周目に3回目のピットインを行なっているが、このときチームは右フロントタイヤ以外の3輪を交換。異なるコンパウンドを組み合わせて使用することは禁じられているが、同じコンパウンドであれば、予選後であれば、異なるセット同士を組み合わせて使用しても構わないことになっている。

スポーティングレギュレーション 第24条2項a
『タイヤの1コンプリートセットはフロント2本とリヤ2本で構成されるものとみなされ、それらすべてが同一の仕様のタイヤでなければならず、FIAによって割り当てられた通りでなければならないが、同一仕様のセットは、予選セッション後に混ぜ合わされて構わない』

 こうして、グロージャンが九死に一生を得る大クラッシュで幕が開けた第15戦バーレーンGPは、セーフティカーがピットロードに退去する中、隊列を整えたままチェッカーフラッグが振られて幕が下された。

2020年F1第15戦バーレーンGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2020年F1第15戦バーレーンGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)

ハミルトン:タフなレースだったけど、みんなよくやってくれた。でも、今日のレースはみんなが思うよりも大変だった
メルセデス:まったくだ。今日は本当に難しいレースだったと思う。その中でよく頑張った。

レッドブル・ホンダ:もう少しだったな
フェルスタッペン:まあ、しょうがないね
レッドブル・ホンダ:しょうがないな
ホーナー:今日のわれわれは十分なスピードがなかったから、その中で2位は最高の結果だ。よくやった
フェルスタッペン:そうだね、とにかく再び表彰台に帰って来れて良かった。ここ2戦連続でいい結果を残せていなかったからね。それにアレックスと一緒に表彰台だ

レッドブル・ホンダ:3位だ。いい仕事だった
アルボン:ああ、ありがとう、みんな。今日は今シーズン、最高のスタートが切れたと思う。今後、さらにいいスタートが切れることを望みたい
レッドブル・ホンダ:ああ、いいスタートだった
ホーナー:よくやった、アレックス。最高の仕事だ。最高にいいレースをしたよ。これでわれわれは2人そろっての表彰台だ。バーレーンGPでの2台そろっての表彰台はたしか2013年以来だ。
アルボン:ああ、もう心配ない。ありがとう、クリスチャン
ホーナー:ローズ・ウォーターを味わって来い。ちょっとベトベトするけどな
アルボン:ハハッ。じゃ、少し残し、お土産に持ち帰るよ
(※中東は公の場でのアルコールの飲酒が禁止されているため、表彰式ではシャンパンではなく、ノンアルコールのローズの香りがするスパーリングウォーターが授与される)

2020年F1第15戦バーレーンGP 3位表彰台のアレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第15戦バーレーンGP 3位表彰台のアレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)

マクラーレン:4位だ、4位。よくやった。シナリオ1にしろ
ノリス:****ナイス。4位と5位だね。悪くないね。
マクラーレン:そうだ、4位と5位だ。チームにとって、このポイントはものすごく大きい。
ノリス:みんなもいい仕事をしたよ

ウイリアムズ:チェッカーフラッグ、チェッカーフラッグ。12位だ
ラッセル:ああ、僕にとっては悪くないレースだったと思う。難しい状況の中、よくリカバリーしたと思う。そして、ロマンと再びレースすることを楽しみにしている。