トヨタ シエンタが6年ぶりフルモデルチェンジ!? コンパクトミニバンの次期型はこう進化する

■「TNGA」プラットフォーム採用、ハイブリッドには4WDを追加

トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」次期型に関する情報を入手、それを元にデザインの予想CGを製作しました。

トヨタ シエンタ_001
トヨタ シエンタ 次期型 予想CG

初代シエンタは2003年に登場、コンパクトながら3列7人乗りのスペースを確保しました。現行モデルとなる第2世代は2015年に発売、それまで主流だったハコ型デザインを脱却し、「Active & Fun」を掲げ、実用性や躍動感がデザインに反映されました。

トヨタ シエンタ_002
トヨタ シエンタ 現行型

2019年8月にはミニバンとして史上初めて新車販売台数月間1位を獲得、同年、日産「セレナ」、トヨタ「ヴォクシー」を抜いて3列シートのシェアNO1を獲得しており、次期型でその座を再奪取するかもしれません。

2020年に入っても踏ん張っていますが登場から5年が経過、次期型への期待が高まっています。

次期型では「TNGA」プラットフォームを採用、ボディ剛性が強化されるとともにホイールベースが20mm程度延長され、居住空間の向上が図られると思われます。

そのエクステリアデザインは、室内の居住スペースを広げた、ワンモーションに近づけたシルエットに、AピラーからCピラーにかけて角度をつけたクーぺ風スタイルと予想されます。

フロントエンドはグリルが大型化され、ヘッドライトは内側にインライン型LEDを搭載したスタイリッシュ&シャープなデザインのものに。またアンダーグリルも左右に伸ばすことで迫力ある顔つきが有力とされ、サイドビューでは、タイヤハウスの張り出しが強調、ワイド感溢れたグラマスデザインに変更される可能性があります。

現行型で直列4気筒ガソリンエンジンを搭載していたパワートレインは刷新され、最高出力124psを発揮する1.5リットル直列3気筒ガソリンエンジン、1.5リットル直列3気筒+電気モーターのハイブリッドがラインアップ、2WDのみだった駆動方式に新たに4WDが追加され、力強い走りを実現するはずです。

また、行型ハイブリッドの燃費はWLTCモードで22.8km/Lですが、次期型では、30km/Lを超えるのが濃厚のようです。

(APOLLO)