ポルシェ タイカン、フルマラソン並みの42.171kmを連続ドリフト走行しギネス記録を樹立! 【動画】

ポルシェ タイカン、フルマラソン並みの42.171kmを連続ドリフト走行しギネス記録を樹立! 【動画】

Porsche Taycan

ポルシェ タイカン

FRタイカンが55分間・42.171kmもドリフト

ポルシェ タイカンが、電気自動車による最長ドリフトのギネス世界記録を樹立した。今回の世界記録挑戦は、ポルシェ・エクスペリエンス・センター(PEC)ホッケンハイムを舞台に行われた。

ドライブを担当したポルシェインストラクターのデニス・レテラは、1周200mのドリフトサークルをドリフト状態で210周も周回。平均速度は46km/h、55分をかけて実に42.171kmを走行したことになる。この距離を走り切ったことで、タイカンは電気自動車による最長連続ドリフトの世界記録を樹立した。この記録は中国で販売されているタイカンの後輪駆動バージョンで達成されている。

タイカンのドライブを担当したデニス・レテラ

高い集中力を要した記録チャレンジ

非常にタフなアタックラップを終えたレテラは、次のように感想を語った。

「スタビリティプログラムをオフにすると、タイカンでのパワースライドは意外と簡単です。特に、この後輪駆動バージョンであればなおさらですね。常に十分なパワーを発揮してくれますし、低重心とロングホイールベースにより安定性が確保されています。抜群のシャシー性能により、横移動時にも完璧なコントロールが可能でした」

オランダ出身のレテラは、ホッケンハイムのポルシェ・エクスペリエンス・センターにおいて、チーフインストラクターを務めている。それ以前はカートやフォーミュラカー、耐久レースなどに参戦していた経験を持つベテランドライバーだ。

「レース経験があるとはいえ、ドリフトコースのアスファルトはどこでも同じレベルのグリップを得られるわけではありません。210周にわたって高い集中力をキープするのは、私にとっても非常にタフでした。ステアリングでドリフトをコントロールすることに集中しました。これはアクセルペダルでコントロールするよりも効率的で、スピンのリスクを軽減することができます」

ギネス・ワールドレコーズ公認記録審査員のジョアン・ブレント

厳格に記録を監視・審査したギネス

今回のチャレンジは、ギネス・ワールドレコーズ公認記録審査員のジョアン・ブレント監修のもと、ホッケンハイムPECのウェット・ドライビング・ダイナミクスエリアにおいて行われた。ブレントはこれまで5年以上にわたり、ギネス世界記録のために様々な種類の記録達成に立ち会ってきた。

「これまでにもいくつかのドリフト記録を審査しましたが、電動スポーツカーで行われる記録チャレンジは私たちにとっても特別な経験になりました。今回、ポルシェは真のパイオニアとして、素晴らしい記録を達成しました」

ギネスのエキスパートは、様々な技術的サポートや独立した専門家の協力を得て、この記録を入念に審査した。

記録チャレンジの前には、地元の測量士がホッケンハイムPECに設定された、直径80mの周回コースの面積をミリ単位の精度で測定。車内に搭載されたGPSとヨーレートセンサーは記録を残すために使用され、コントロールタワーの屋根に設置されたカメラで記録走行の様子も撮影されている。

撮影車両に使われた日産GT-R

ドリフトスペシャリストによるサポート

今回参加したもうひとりのスペシャリストが、デニス・リッツマン。チャレンジに先立ち、試験機関DEKRAに所属する彼女は、タイカン後輪駆動仕様が無改造であること、そしてテストトラックが使用可能であることを確認した。

リッツマンはドリフトのスペシャリストであり、2018年と2019年に欧州ドリフトチャンピオンにななった経験を持つ。今回の記録チャレンジにおいて、タイカンがドリフト状態にあるかを彼女が責任をもってチェックしている。

「フロントタイヤがカーブに対して違う方向を向いているかは一目でわかります。この状態である限り、クルマはドリフト状態をキープします」と、リッツマンは説明した。ギネス審査委員のブレントと共に、彼女もチャレンジ中の周回数をカウントした。