ピレリ、電動モデル専用タイヤ技術「ELECT」を開発。ポルシェ タイカンにも採用

ピレリ、電動モデル専用タイヤ技術「ELECT」を開発。ポルシェ タイカンにも採用

Pirelli P ZERO ELECT

ピレリ P ZERO ELECT

ポルシェ タイカン専用「P ZERO ELECT」

ピレリがEVやハイブリッドカーなど電動モデル専用に開発したタイヤ技術「ELECT」が、ポルシェ初の量産EVスポーツ「タイカン」に採用された。

ピレリは、EVやハイブリッドカーに求められる技術的要求を満たすべく、主要自動車メーカーとともに「ELECT」タイヤを開発。このタイヤのサイドウォールには一目で分かる「ELECT」マーキングが施されている。2019年のジュネーヴ・モーターショーにおいて発表された「ELECT」は、世界の最先端を走るモデルのOEタイヤとして提供されている。

ピレリのエンジニアは、タイカンの性能を最大限に引き出すことを可能にする専用の「P Zero ELECT」タイヤを開発。このタイヤ開発はピレリのパーフェクトフィット戦略にそったもので、タイカン専用のコンパウンド、タイヤ構造、トレッドパターンに沿った開発がなされている。

この結果、クルマの自律性を最大限にする低転がり抵抗、車内の快適性を改善する低ロードノイズ、ドライバビリティ向上に寄与する迅速なグリップなどが、安全性を確保した上で得られるようになった。タイカンのドライバーは「ELECT」タイヤを使うことで、EV専用に開発されたタイヤだということがすぐに実感できるという。

EVにも求められるウィンタータイヤ

数多くの国々でウィンタータイヤの使用が義務付けられていることから、ピレリは「Winter Sottozero 3」「Scorpion Winter」「P Zero Winter」に電動モデルでの使用を想定した「ELECT」バージョンを開発した。

冬季の走行が多いEVやハイブリッドカーのドライバーには、ウィンタータイヤの使用を推奨している。晩秋から初冬の頃、気温は摂氏7度を下回り、サマータイヤはベストな性能を発揮できなくなるからだ。ウィンタータイヤはその軟らかいコンパウンドによって、氷点下やグリップが極めて低い路面上でも機能することが可能となる。

また、EVにとって課題となるロードホールディングとトラクション、さらに安全なブレーキングなど、安全性に欠かせない性能も提供する。こうした性能はEV独特の性能特性に適合すべく専用設計されたタイヤだからこそ実現される。

これらのEV用ウィンタータイヤには、「M+S」と「3PMSF(スリーピーク・マウンテン・スノーフレーク)」のマーキングが施され、多くの国における冬季の道路交通規則に準拠したタイヤであることを簡単に認識することができるようになっている。