ミック・シューマッハー、2021年にハースからF1デビュー決定。複数年契約を締結

 12月2日(火)、ハースF1チームは、2021年シーズンにミック・シューマッハーを起用することを発表した。ハースはすでにニキータ・マゼピンの起用も明らかにしており、2021年はルーキーふたりのドライバーラインアップとなる。

 ロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンが今シーズン限りでチームを離れることが決まっており、ハースのラインアップについてはルーキーからベテランドライバーまで様々なドライバーの名前が噂に上がっていた。

 そのシートを掴んだのが、昨日発表されたロシア人ドライバーのマゼピンと、7度のF1世界チャンピオンであるミハエル・シューマッハーの息子、ミック・シューマッハーだ。

 F1デビューが決まったことについて、シューマッハーはハースの公式サイトに以下のようにコメントを寄せた。

「来年F1のグリッドに立てるというのは信じられないほどに幸せで、ただただ言葉を失うほどだ」

「僕を信頼してくれたハースF1チーム、スクーデリア・フェラーリ、フェラーリドライバーアカデミーに感謝したい。そして両親にも感謝し、愛を伝えたい。F1という夢を実現できると、僕は常に信じてきた」

「またキャリアを通じて僕をサポートしてくれた素晴らしいモータースポーツファンのみなさんにも感謝している。僕はこれまでのように全力を尽くすつもりだ。ハースF1チームや彼らとともにこの旅を始めることを楽しみにしている」

 シューマッハーは2015年にADAC・フォーミュラ4選手権においてシングルシーターのレースにデビュー。翌年にはADAC・フォーミュラ4選手権とイタリアF4選手権に参戦し、ともにランキング2位という成績を記録した。

 2017年からはFIA ヨーロピアンF3選手権に出場し、2018年にはチャンピオンを獲得。そして2019年からはF1直下のFIA-F2にプレマ・レーシングから参戦し、1年目はランキング12位でシーズンを終えた。

 今年はシーズン序盤こそポイントの獲れないレースもあったが、第5戦以降は入賞を続けており、最終戦を前にして205ポイントを獲得してランキング首位に立っている。最終戦もバーレーン・インターナショナル・サーキットで開催されることになっており、同じくFDAに所属するカラム・アイロットらとチャンピオンを争うことになる。

 なおハースの発表によれば、シューマッハーはF1最終戦アブダビGPのフリー走行1回目に出走し、その後12月15日(火)に行われる若手ドライバーテストに参加するとのことだ。