2021年のSBK暫定カレンダーが発表。ヨーロッパでの開幕は2004年以来、全13戦開催予定

 FIM(国際モーターサイクリズム連盟)は11月30日、2021年シーズンにおけるスーパーバイク世界選手権(SBK)の暫定カレンダーを発表した。

 2021年のSBK開催ラウンド数は全13戦。第1戦はオランダで、ヨーロッパで開幕を迎えるのは2004年以来となる。そこからエストリル、アラゴン、ミサノ、ドニントンパークと続き7月初旬まで前半戦が行われる。

 後半戦は9月中旬から開催され、マニクール、カタルーニャ、ヘレス、ポルティマオの第9戦までヨーロッパでレースが開催される。その後はヨーロッパ以外の開催となり、アルゼンチン、インドネシアと11戦は日程と開催地が決定しているが、オーストラリアラウンドは日程が未定。残りの1戦は日程と開催地ともに未定となる。

 また、スーパースポーツ世界選手権(WSS)は第5戦イギリスが開催されず、スーパースポーツ世界選手権300(WSS300)は第5戦イギリス、第10戦アルゼンチン、第11戦インドネシア、そして未定のオーストラリアGPと残る1戦は開催されない。

 2021年シーズン開幕前のオフィシャルテストは、スペインのカタロニア・サーキットでWSSとWSS300は3月29~30日に、SBKが3月31日~4月1日に行われる予定だ。

 2021年シーズンのSBK暫定カレンダーは以下の通り。

11月30日に発表された2021年のSBK暫定カレンダー
11月30日に発表された2021年のSBK暫定カレンダー

■2021年SBK暫定カレンダー(2020年11月30日発表時点)

Round 開催地 サーキット 日程
第1戦 オランダ TT・サーキット・アッセン 4月23~25日
第2戦 ポルトガル(エストリル) エストリル・サーキット 5月7~9日
第3戦 スペイン(アラゴン) モーターランド・アラゴン 5月21~23日
第4戦 イタリア ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ 6月11~13日
第5戦 イギリス ドニントン・パーク 7月2~4日
第6戦 フランス マニクール・サーキット 9月3~5日
第7戦 スペイン(カタルーニャ) カタロニア・サーキット 9月17~19日
第8戦 スペイン(ヘレス) ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエト 9月24~26日
第9戦 ポルトガル(ポルティマオ) アウトドローモ・インターナショナル・アルガルベ 10月1~3日
第10戦 アルゼンチン サーキット・サンファン・ビリクム 10月15~17日
第11戦 インドネシア マンダリカ・インターナショナル・ストリート・サーキット 11月12~14日
オーストラリア フィリップ・アイランド・サーキット STC
TBA TBA TBA