フェルスタッペン2位「優勝には届かなかったがアルボンと表彰台に上れたのは嬉しい」レッドブル・ホンダ【F1第15戦】

 2020年F1バーレーンGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは2位だった。

 フェルスタッペンはミディアムタイヤで3番グリッドからスタート。オープニングラップでロマン・グロージャン(ハース)がコースオフし、高速でバリアに衝突するというアクシデントがあった。幸いグロージャンは自力でマシンから脱出できたが、この事故により赤旗が掲示され、レースは1時間以上中断となった。

 再スタートはスタンディング方式で、赤旗が示された際の順位がグリッドに採用され、フェルスタッペンは2番グリッドからミディアムタイヤでスタートした。

 ルイス・ハミルトン(メルセデス)の後ろを走行したフェルスタッペンは、ハミルトンの翌周20周目にピットインし、ハードタイヤに交換。さらに34周目にハード、46周目にミディアムに替えて、57周のレースを走った。レース終盤にセルジオ・ペレス(レーシングポイント)にトラブルが発生してコース脇でストップ、セーフティカーが出動し、フェルスタッペンはハミルトンから1.254秒遅れの2位でフィニッシュした。

 フェルスタッペンはファステストラップ(1分32秒014)を記録し、追加の1点を含め19点を獲得。ドライバーズランキング2位のバルテリ・ボッタス(メルセデス)との差を12点に縮めた。

2020年F1第15戦バーレーンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が2位、アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)が3位を獲得
2020年F1第15戦バーレーンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が2位、アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)が3位を獲得

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 決勝=2位
 スタートの時の事故で炎が上がっているのを見た時は、ものすごくショックだった。あんな風に燃えているのはもちろんいいことではないからね。だからロマンが自力でマシンから出てくることができたのを見て、重傷を負ってはいないと分かって、誰もがほっとした。彼が早くよくなるよう祈っている。

 ああいうことを目にするのは気分がよくないが、幸いレーシングスーツがとても高い安全性を確保していたし、ヘイローがガードレールを彼の頭の上に押し上げる形になり、それが命を救う役割を果たした。

 レースの話をすると、ルイスについていくためにやれることをすべて試みた。これ以上できることがあったかというと、ほとんどなかったと思う。でも残念ながら僕らは速さが足りなかった。

 メルセデスにもっと強くプレッシャーをかけることもできたはずだと僕は思っているが、全体的に見て、今日のマシンのペースを考えれば、2位は僕らの実力と一致した順位だと思う。

 ダブル表彰台を達成できて、チームにとって素晴らしいリザルトになった。アレックスはいい仕事をしたね。表彰台に上がれてよかった。

 ここで僕らのマシンはうまく機能しているようだから、来週末の別のレイアウトでどうなるのかを見てみよう。もう少しペースを見つけ出して、最大限の結果を出したいね。

2020年F1第15戦バーレーンGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が2位、アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)が3位を獲得
2020年F1第15戦バーレーンGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が2位、アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)が3位を獲得