ノーウエイトの武器の応酬のすえ生まれた勝者と王者。その戦いぶりに相応しい結果に《第8戦富士GT300決勝あと読み》

 持てる武器と武器の応酬。2020年のスーパーGTのフィナーレとなる第8戦富士でのGT300クラスの争いは、そんなレースだったと言えるかもしれない。惜しくもタイトルに届かなかったものの、全力でそのレースを制した埼玉トヨペットGB GR Supra GT、そして、そのスピードという武器をぶつけ、目標とするタイトルをたぐり寄せたリアライズ 日産自動車大学校 GT-Rとも、勝者、そして王者に相応しい戦いぶりだった。

 レースはポールポジションスタートの埼玉トヨペットGB GR Supra GT、そして2番手スタートのSUBARU BRZ R&D SPORTという、予選から激しいつばぜり合いをみせた2台のJAF-GT車両の争いからスタートした。ウォームアップの差でSUBARU BRZ R&D SPORTの山内英輝が先行するも、今回は埼玉トヨペットGB GR Supra GTの方にスピードの分があったと言える。

 これに続いたのはADVICS muta MC86、K-tunes RC F GT3という2台、そしてチャンピオンの可能性があったGAINER TANAX GT-R、リアライズ 日産自動車大学校 GT-R、そしてLEON PYRAMID AMGというメンバーだったが、ここから“伝家の宝刀”タイヤ無交換作戦を採った埼玉トヨペットGB GR Supra GT、LEON PYRAMID AMG、そして四本交換を行ったライバルたちという構図に分かれていった。

 SUBARU BRZ R&D SPORT、リアライズ 日産自動車大学校 GT-R、そしてGAINER TANAX GT-Rともに四本交換が必要で、その時点で無交換組に対抗するためのスピードが必要だったのは間違いない。今回、リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rがみせたレース展開は、優勝を飾った第5戦富士と同様のものとなった。無交換勢に対し、速さで逆転するという構図だ。

 今回、そのリアライズ 日産自動車大学校 GT-Rを上回ったのが、今季2勝目となった埼玉トヨペットGB GR Supra GTだった。「僕らドライバーが、タイヤ無交換のなかでも少しでもストレスなく走れるようにということで、スポッターという形で平沼さんが後続車の情報を教えてくれたりしました。もちろんそのほかでも、僕らの担当エンジニアさんやブリヂストンタイヤさんもついていてくれるので、本当に強い武器があってこのパッケージで戦えています。そういった人たちの気持ちに応えたいということもありました」というのは吉田広樹。

 今季はウエイトが乗った時期は苦しいレースが続いたが、富士、そしてノーウエイトのときのスピードはまさに勝者に相応しかった。中盤戦での“取りこぼし”が大きく響きランキングは2位となったが、“強さ”を得れば、チャンピオンという目標には届くはずだ。

■つかんだチャンスを最高の結果としたふたり

 一方、「気温が低く、いままで経験したことのない状況で、どういう結果が出るのかは未知の世界だった」というジョアオ・パオロ・デ・オリベイラが駆るリアライズ 日産自動車大学校 GT-Rは、その時点でチャンピオン獲得に必要だった3番手を獲るべく、ADVICS muta MC86との差を詰めていった。

 こんなときに必要だったのは、素晴らしいモチベーターでもある近藤真彦監督の存在だったが、その不在にも関わらず、オリベイラはミッションを達成。オリベイラにとって初タイトルだったのは意外でもあるが、2019年、とにかくツキがないシーズンを送っていたオリベイラが、いきなりチャンピオンに浮上するのだからスーパーGTは面白い。

 そして、「シリーズチャンピオンなんて夢みたいです。僕自身、ずっと長いことスーパー耐久で戦ってきて、昨年からスーパーGTに参戦させてもらっていますが、フル参戦2年目にこんな大きな大会でチャンピオンが獲れるなんて、数年前を考えたら思いもしないです」という藤波の好走もチャンピオンのための大きな要因となった。

 正直に言えば、この週末の藤波はやはりプレッシャーがあったはずだ。搬入日の金曜、立ち話をしたが「ふだんどおりにやるだけです」と笑顔をみせていた藤波。それでも、いつもパドックで会えば笑顔で挨拶をしてくれる彼が、決勝スタート直前、険しい表情で会釈を返すだけになっていた。

 シーズン前、リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rをドライブすることが決まったときも、「このような環境でやらせてもらえるとは思ってもみませんでしたし、絶好のチャンスだと思っています。僕は未熟な部分も多いですが、本当に皆さんに温かく接してもらって、いろいろなものを吸収しています」と語っていた藤波。今まで速さはあれど、なかなか良いシートには恵まれていなかった。何しろ、まだコロナ禍に見舞われる前のオフの鈴鹿メーカーテストのとき、藤波は初めてスーパーGTのメーカーテストに参加したくらいだったのだ。また、前年このマシンをドライブしていた平峰一貴とサッシャ・フェネストラズの戦いぶりも藤波とオリベイラにはプレッシャーだったはずだが、「逆にいいチャンスだと思って」とそれも見事はね除けてみせた。

 その性格から、藤波を応援する先輩ドライバーも多い。そんな先輩たちを破り、そして頼れるチームメイトのオリベイラとともに掴んだ栄光。オリベイラは長年KONDO RACINGを支え、そして藤波はNDDP最後の育成ドライバーだ。ニッサン/ニスモ、そしてKONDO RACINGの長年の思いが結実した瞬間だった。

2020年スーパーGT第8戦富士 埼玉トヨペットGB GR Supra GT(吉田広樹/川合孝汰)
2020年スーパーGT第8戦富士 埼玉トヨペットGB GR Supra GT(吉田広樹/川合孝汰)
2020年スーパーGT第8戦富士 埼玉トヨペットGB GR Supra GT(吉田広樹/川合孝汰)
2020年スーパーGT第8戦富士 埼玉トヨペットGB GR Supra GT(吉田広樹/川合孝汰)
2020年スーパーGT第8戦富士 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R(藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)
2020年スーパーGT第8戦富士 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R(藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)