「正直、プレッシャーは大きかった」と藤波。近藤監督へ感謝の気持ちも【第8戦富士GT300チャンピオン会見】

 当初のカレンダーより3ヵ月遅れでスタートした2020年シーズンのスーパーGTも5ヵ月間で8戦という過酷な戦いを無事に走り終えた。ランキングトップでこの第8戦に挑んだリアライズ 日産自動車大学校 GT-Rは、予選でライバル勢の後塵を拝し、7番手から追い上げのレースを余儀なくされた。

 レースでは直接のライバルたちがタイヤ無交換作戦を採り、ポジションを上げて逆転を狙うなか、リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rは4輪交換を選択。フレッシュなタイヤでGT-Rのポテンシャルを遺憾なく発揮して2位までポジションを巻き返し、見事タイトルを手中に収めた。

 リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rは2019年からGT300クラスに参戦。今年はドライバーラインアップを一新し、新たな気持ちで挑んだ参戦2年目で初の戴冠となった。ステアリングを握るふたりのドライバー、藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラもキャリア初のチャンピオンとなり、その喜びを決勝レース終了後の会見で語ってくれた。

藤波清斗
第1スティント担当/ベストタイム:1分37秒447

「シリーズチャンピオンなんて夢みたいです。僕自身、ずっと長いことスーパー耐久で戦ってきて、昨年からスーパーGTに参戦させてもらっていますが、フル参戦2年目にこんな大きな大会でチャンピオンが獲れるなんて、数年前を考えたら思いもしないです。たくさんの方に支えてもらっていまの自分がいるので、今回の結果で少しは恩返しができたかなという部分でほっとしています」

「今シーズンは開幕戦から前半にかけてはイマイチなところがありましたが、中盤戦以降、チームが徐々にクルマのほうを煮詰めてくれて、本当に頑張ってくれました。ヨコハマタイヤさんも力を入れてくれて感謝しています。前回のもてぎは展開に恵まれて勝つことができ、最終戦をランキングトップで望めるということで、正直プレッシャーも大きかったです。ただ、最後まで諦めないというしっかりした強い気持ちを持って挑もうと思っていました」

「今回の予選もあまり結果としてよくなかったですが、絶対的な決勝のペースという部分では自信があったので、ポジションは挙げられるという思いはありました。まさか2位まで来られるとは思っていなかったですが。結果的によかったと思います。(ジョアオ・パオロ・デ)オリベイラ選手もすごい追い上げてくれました。今年一年コンビを組ませてもらって、非常に強い選手ですし、勉強になることもいっぱいありました。本当に感謝しています」

2020年スーパーGT第8戦富士 藤波清斗(リアライズ 日産自動車大学校 GT-R)
2020年スーパーGT第8戦富士 藤波清斗(リアライズ 日産自動車大学校 GT-R)

◼︎「近藤監督に感謝している」とオリベイラ

ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
第2スティント担当/ベストタイム:1分38秒118

「みなさんに感謝しています。ありがとうございます。今週末に関してですが、ひとりひとりがベストを尽くすという風に考えて、集中して迎えました。ランキングのことなどはなるべく考えないようにして、ベストを尽くせばどうにかなると考えていました。ここ最近は徐々に良くなっていき、クルマのセッティングも非常にいい方向性に向かっていたので、今週末に関してはすごく自信がありました」

「ただ、実際のレースは難しかった。僕たちだけではないと思いますが、気温が低く、いままで経験したことのない状況でどういう結果が出るのかは未知の世界でした。しかし、非常にいいチャレンジになったと思います。ここは頑張るべき場面であり、とてもチャレンジングだなと思いながら、絶対諦めないと思っていました」

「ピットアウトしたときには前を走っていた6号車(ADVICS muta 86MC)と20秒の差がありました。それを取り返さないといけない状況でしたが、1台ずつ追い越しながら自分のポジションを守ることができてうれしく思っています。チームのみんなにも感謝しています」

2020年スーパーGT第8戦富士 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(リアライズ 日産自動車大学校 GT-R)
2020年スーパーGT第8戦富士 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(リアライズ 日産自動車大学校 GT-R)

 そして、リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rはチームチャンピオンも獲得したが、残念ながら、最終戦は近藤真彦監督が不在ということで、会見でメッセージを送った。

オリベイラ

「この場を借りて、近藤監督に感謝の気持ちを伝えたいと思います。今年の1月の時点では僕が今シーズン、レースをするかしないか、まったく何も決定もしていませんでした。昨年は苦戦していたシーズンで、僕としては本当にがっかりしたシーズンで終わってしまった」

「なので、昨年でスーパーGTで戦える機会は終わってしまったのかなと、将来が見えないまま今年を迎えました。でもその後、近藤監督から「ぜひ僕らのチームで走ってくれないか」と声をかけてくれました。長年、とてもお世話になっていたし、友情を築いてきたおかげだと思っています。声をかけてくれた彼に大変感謝しています」

藤波

「前半戦から監督にはいろいろとアドバイスをいただいていました。中盤戦以降は褒めてくれる言葉だったり、僕のモチベーションを上げてくれる言葉だったりをいただいて、本当にいろいろなサポートをしてもらいました。(近藤監督は)この場にはいられなかったですが、絶対にテレビで見てくれていると思いますし、いい結果で終われたのですごくほっとしています」

2020年スーパーGT チャンピオン会見の様子
2020年スーパーGT チャンピオン会見の様子