【気になる一言】評判の悪い2021年用タイヤ。フェルスタッペンはハミルトンの後ろで「すごいモノを見た」

 通常、予選後に開かれるトップ3ドライバーによるFIA会見は、終わったばかりの予選に関する質疑応答が繰り広げられる。しかし、今回の2020年F1第15戦バーレーンGP予選後のFIA会見は、予選以外の話題で話が盛り上がった。それは金曜日にテストしたピレリの2021年用タイヤについてだ。

 今回のバーレーンGPでは、金曜日のフリー走行でピレリが2021年用に確定した新しいタイヤを持ち込み、各チームがテストを行っていた。しかし、試走したドライバーからの評判はすこぶる悪かった。

 予選後の会見で、あらためてピレリの新しいタイヤについて尋ねられると、ルイス・ハミルトン(メルセデス)は「まあ、テストしたことは悪くなかった。いろんな発見があったし、いろいろ学べたから」と予想外に控えめな発言だった。

 というのも、ハミルトンは金曜日のフリー走行後、「2年も時間があったのに、こんなタイヤしか開発できなかったのか。いまのタイヤのままでいい」と、新しいタイヤをこき下ろしていたからだ。

2020年F1第15戦バーレーンGP予選トップ3会見 ポールポジションのルイス・ハミルトン(メルセデス)、2番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)、3番手マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第15戦バーレーンGP予選トップ3会見 ポールポジションのルイス・ハミルトン(メルセデス)、2番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)、3番手マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 すると、横にいたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)はこう言って、会話を盛り上げてきた。

「僕は昨日のプロトタイプ(正しくはFIAによって承認されたホモロゲートタイヤ)でのドライビングを楽しんだよ」

 ハミルトンが驚いた表情で「えっ、君はあのタイヤを気に入っているの?」

 フェルスタッペンが笑ってこう返した。

「いいや、運転は大変だったよ。でもね、あなた(ハミルトン)の後ろを走っていたら、すごいモノを見たからね。それが楽しかったんだよ!!(笑)」

 それを聞いたハミルトンは、ようやくフェルスタッペンの答えの真意がわかり、笑ってこう答えた。

「ああ、あのドリフトね」

 最後に、フェルスタッペンがこう締めた。

「このタイヤだったら、来年はドリフト選手権にすべきだね」

2020年F1第15戦バーレーンGP 2021年用タイヤをテストするルイス・ハミルトン(メルセデス)
2020年F1第15戦バーレーンGP 2021年用タイヤをテストするルイス・ハミルトン(メルセデス)
2020年F1第15戦バーレーンGP 2021年用タイヤをテストするマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第15戦バーレーンGP 2021年用タイヤをテストするマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)