レッドブル代表「ハイブリッド時代ではベストリザルト。アルボンの挽回は見事だった」【F1第15戦予選】

 2020年F1バーレーンGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手、アレクサンダー・アルボンは4番手だった。

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー

 ふたりが3番手と4番手を獲得し、堅実な予選セッションとなった。チームにとっては、ハイブリッド時代に入って以降、このサーキットでのベストリザルトだ。

 マックスがメルセデス2台の間に割って入ることができるかと思ったが、最終的に約0.1秒の差でそれはかなわなかった。だがマックスは3番手を獲得したし、アレックスはいい予選をして隣の4番グリッドをつかんだ。このサーキットはオーバーテイクが可能であり、素晴らしいスタート位置を確保できたと思う。エキサイティングなレースにしっかりと備えていきたい。

 アレックスは昨日ああいったインシデントがありながら、見事に挽回してみせた。今シーズンの予選での自己ベストリザルトタイにあたる4番手を獲得したのだ。

2020年F1第15戦バーレーンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第15戦バーレーンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)