「これが名門オートセレクトの闇鮫R35GT-Rだ!」あらゆるシーンで速さを見せつける950馬力のオールラウンダー

「これが名門オートセレクトの闇鮫R35GT-Rだ!」あらゆるシーンで速さを見せつける950馬力のオールラウンダー

心臓部は独自の4.3Lコンプリートスペックで構築

あくまでもストリートスペック!

関西のチューニングカー乗りで知らぬ者はいない名門“オートセレクト”が手がけたR35GT-R、通称“闇鮫”の登場だ。タイムアタックに特化したものではなく、日常的なストリートユースも対応可能な仕様でメイキングされているのが特徴となる。

街乗りでの使用も考慮して構築されたエンジンは、HKSの4.3LキャパシティアップグレードキットにGT1000タービンを組み合わせた950ps仕様。腰下から燃焼室までオートセレクト独自の加工が施されたコンプリートスペックだ。パワーだけを聞くととてつもないモンスタースペックに思えるが、ワイドなトルクバンドに仕上げることで扱いやすい特性にセットアップされている。

足回りは、シルコレーンスペシャルブレンドオイル+アルミシェルケースを採用した減衰力30段調整式のダンパーに、信頼性の高いアイバッハのスプリングを組み合わせたオリジナルの“湾岸サスキット”を軸に構築。

ブレーキは前後共にアルコンのキットをチョイス。アテーサのトルク配分はフロントが引っ張り気味となるようにしたオリジナルデータを基準に、路面やタイヤのコンディションに応じて手元でアジャストする。

 

タイヤは圧倒的なグリップ性能を誇るフージャーDOTラジアル(305/30R20)、ホイールはボルクレーシングTE37オートセレクトスペックだ。当然、純正フェンダーでは収まらないサイズのため、フロントには20mmワイドを実現するオリジナルのワイドフェンダーをインストール。アーチ自体も10mm拡大されているため、あらゆる大径タイヤを飲み込むことが可能だ。

シートはレカロのフルバケットシートに交換されているが、ロールケージ等のボディ補強や軽量化などは一切無し。エアコンやオーディオも残された快適仕様だ。

フロントバンパーやリヤウイングといったエアロパーツ類もオートセレクトのオリジナル製品。1000ps近いビッグパワーをロス無く路面に伝えるためカナード類もセットされている。

取材はセントラルサーキットで行ったが、ウエット路面だったにも関わらず1分24秒911という好タイムをマーク。澤代表いわく、パッケージング的にドライ路面なら1分18秒あたりまで持ち込めるというから恐れ入る。

西日本のサーキットおよびストリートで圧倒的な強さを見せつける闇鮫R35GT-R。現在も各部のアップデートを続けており、その速さはまだまだ増していきそうな気配だ。

●取材協力:オートセレクト 大阪府堺市美原区丹上221-5 TEL:072-363-0383