角田裕毅、痛恨のスピンで無念の予選最下位。2度の赤旗で波乱の展開に【FIA-F2第11戦バーレーン予選】

 11月27日(金)、2020年FIA-F2第11戦バーレーン予選がバーレーン・インターナショナル・サーキットで開催され、カラム・アイロット(ユニ・ヴィルトゥオーシ)がポールポジションを獲得した。佐藤万璃音(トライデント)は17番手、現在選手権3位につけている角田裕毅(カーリン)はスピンを喫しマシンを止めアタックできず22番手だった。

 予選前の選手権上位6名は首位ミック・シューマッハー(プレマ・レーシング/191ポイント)、2位カラム・アイロット(ユニ・ヴィルトゥオーシ/169ポイント)、3位角田裕毅(カーリン/147ポイント)、4位クリスチャン・ルンガー(ARTグランプリ/145ポイント)、5位ロバート・シュワルツマン(プレマ・レーシング/140ポイント)、6位ニキータ・マゼピン(ハイテックGP/140ポイント)だ。

 前戦は9月27日に行われた第10戦ロシア スプリントレース(決勝レース2)で、今回は実に2カ月ぶりのレース。上記の6名はこの間、2018年型F1マシンのドライブやシミュレーター、肉体強化に励むさなか「レースが待ち遠しい」という旨のSNS投稿が見られてきた。

 サクヒールの気温と路面温度はともに26度。どんよりとした空に覆われ、コース脇のライトが目立つほどだ。

 現地時間16時15分、日本時間の22時15分に予選はスタート。各車1度目のアタックに向かうべくピットロードへなだれ込む。1周のウォームアップを終えて残り26分を切ったあたりから、フェリペ・ドルゴヴィッチ(MPモータースポーツ)を先頭にアタックがスタートした。

 ドルゴヴィッチがターゲットタイムをマークするもすぐにマーカス・アームストロング(ARTグランプリ)が1分42秒052でトップを奪取。ランキング上位勢ではルンガーが6番手タイムを記録する。

 そしてカラム・アイロット(ユニ・ヴィルトゥオーシ)がトップタイムを記録した直後、セクター3のコーナーで角田が縁石にマシンを乗せてしまう。スキッドプレートでゼブラを叩くようにしながら高速でマシンを振動させそのままコースオフしスピン。

 一旦マシンを止めた角田はタイミングを見計らいコースに復帰するも、トラブルを抱えてしまい直後にマシンを停止。角田のマシンを回収するために21分を残して赤旗中断となり、角田はタイムを記録できずに予選を終えることになってしまった。

 セッション再開後も各マシンは積極的にアタックをこなし、残り15分の時点でトップは1分41秒479のアイロット、2番手に0.391秒差でドルゴヴィッチ、さらにダニエル・ティクトゥム(ダムス)が続く。

 各車ピットに戻り一旦静まり返ったサーキットだったが、残り12分を切ったあたりから2度目のアタックに向かうマシンが一斉に繰り出す。

 選手権上位勢もタイムアップを果たしマゼピンが7番手タイムをマークするが上位3台の牙城は崩せず。各車1周のクールダウンを挟み、ラストアタックに向かうなかジュリアーノ・アレジ(MPモータースポーツ)がトラブルでマシンを止め、コックピットを降りる。

 残り1分というところで2度目の赤旗が振られ、このまま予選は終了。アイロットが今シーズン5度目のポールポジションを獲得し、選手権ポイント4点を追加した。佐藤は17番手で予選を終えている。

 痛恨の22番手となった角田とポイントランキングで僅差のライバルは、マゼピンが7番手、ルンガーが9番手、シュワルツマンが14番手からスタートに。

 なお角田の選手権順位は変わらず3位となっている。

 フィーチャーレース(決勝レース1)は日本時間11月28日(土)の18時10分からスタートする。

編集部計:2020年FIA-F2ポイントランキング獲得ポイント推移
編集部計:2020年FIA-F2ポイントランキング獲得ポイント推移

■FIA-F2第11戦バーレーン予選 暫定リザルト

Pos. No. Driver Team Time
1 4 C.アイロット ユニ・ヴィルトゥオーシ 1’41.479
2 15 F.ドルゴヴィッチ MPモータースポーツ 1’41.870
3 2 D.ティクトゥム ダムス 1’42.047
4 5 M.アームストロング ARTグランプリ 1’42.052
5 3 周冠宇 ユニ・ヴィルトゥオーシ 1’42.065
6 14 G.アレジ MPモータースポーツ 1’42.074
7 24 N.マゼピン ハイテックGP 1’42.139
8 8 J.ダルバラ カーリン 1’42.191
9 6 C.ルンガー ARTグランプリ 1’42.259
10 20 M.シューマッハー プレマ・レーシング 1’42.283
11 11 L.デレトラズ チャロウズ・レーシング・システム 1’42.316
12 22 R.ニッサニー トライデント 1’42.338
13 12 P.ピケ チャロウズ・レーシング・システム 1’42.481
14 21 R.シュワルツマン プレマ・レーシング 1’42.654
15 9 J.エイトケン カンポス・レーシング 1’42.848
16 17 T.プルシェー BWT HWAレースラボ 1’42.967
17 23 佐藤万璃音 トライデント 1’43.170
18 1 S.ゲラエル ダムス 1’43.191
19 10 G.サマイア カンポス・レーシング 1’43.286
20 25 L.ギオット ハイテックGP 1’43.366
21 16 A.マルケロフ BWT HWAレースラボ 1’44.019
22 7 角田裕毅 カーリン 1’57.048