F1バーレーンGP FP1:2021年用タイヤをテスト。ハミルトンが首位、ガスリーがホンダPU勢最上の5番手

 2020年F1第15戦バーレーンGPのフリー走行1回目は、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは6番手、アレクサンダー・アルボンは7番手となっている。

 新型コロナウイルスに揺れた2020年シーズンも、いよいよ終盤の中東3連戦を迎えた。その緒戦となるバーレーンGPの初日フリー走行1回目は、開始時点の午後2時で気温26度、路面温度27度というコンディション。上空は雲に覆われ、時おり雨粒が落ちているものの、路面が濡れるほどの降雨になる気配はない。

 このセッションでは、ウイリアムズがジョージ・ラッセルに代えてF2ドライバーのロイ・ニッサニーを、アルファロメオがキミ・ライコネンに代えてロバート・クビサを走らせている。一方でピレリは初日フリー走行だけに2021年のプロトタイヤを供給、最低でも6周テストすることになっている。それに合わせるかのように、少なからぬチームが2021年マシンのパーツを組み込んで走行している。

 やや風が強く、さらに路面のグリップがまだ低いこともあって、多くのマシンがあちこちでスピンやコースオフをしている。バルテリ・ボッタス(メルセデス)はターン10で繰り返し左前輪をロックさせ、ロマン・グロージャン(ハース)はターン6でフロント両輪の構造材がのぞくほどのフラットスポットを作ってしまった。

 開始後50分、ミディアムタイヤを履いたピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が、1分30秒049のベストタイムを出した。シャルル・ルクレール(フェラーリ)による昨年のFP1最速タイムを、早くもコンマ3秒以上しのいだ。しかしすぐにボッタスが、続いてルイス・ハミルトン(メルセデス)が同じミディアムで首位を奪った。

 一方マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は、最初にソフトを履いたあとは、21年用タイヤで計8周を走行。その後はガレージにこもったまま。メカニックがフロア下で、懸命に作業している。

 結局ハミルトンのベストタイム1分29秒033は、その後誰にも破られず。2番手はボッタス、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)、カルロス・サインツJr.(マクラーレン)が3、4番手に付け、ガスリーは5番手。フェルスタッペンはそのままコース復帰できず、18周の周回数で6番手に留まった。アレクサンダー・アルボンはチームメイトから0.008秒差で7番手。ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)は、17番手だった。