ポルシェジャパン、若者をサポートする社会貢献活動「Porsche. Dream Together」をスタート

ポルシェジャパン、若者をサポートする社会貢献活動「Porsche. Dream Together」をスタート

若者が夢を叶える瞬間に寄り添うCSR活動

ポルシェジャパンは、日本独自で実施する同社初のCSR(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)活動、「Porsche. Dream Together」(ポルシェ・ドリームトゥギャザー)を開始する。ポルシェジャパン公式サイトに専用ページ(下記)をオープンし、活動内容の充実をはかりながら随時更新していく。

ポルシェジャパンは日本の社会課題のひとつとして、若者が将来に向けて「夢」を見つけられていないこと、未来の「夢」に向けた教育投資が少ないことに着目。少子高齢社会が訪れる日本において、若者が夢を持つこと、そして夢を叶えることを支援するのは、持続可能な未来への貢献と考えたという。

ポルシェジャパン代表取締役社長のミヒャエル・キルシュは今回の試みについて、以下のように説明する。

「ポルシェジャパンは日本のコミュニティに属する上で、企業市民として日本に還元していきます。重要視しているのは、使命感をもって本質的な取り組みを行うことです。ポルシェの創設者であるフェリー・ポルシェの言葉『私は自らが理想とするクルマを探したが、どこにも見つからなかった。だから自分で造ることにした。』が、まさに日本におけるPorsche. Dream Togetherの活動精神を表しています。若者が夢を持ち、夢を追いかけ、そして夢を叶えることを、我々は応援したいと考えています」

夢を見るために立ち上げられた3つの活動

若者が「夢」を見て、叶えるその瞬間に寄り添うためのCSR活動「Porsche. Dream Together」は、目的に応じたプログラムを企画。まずは、3つの方向性として、特別講演やイベントなどから夢を持つきっかけを提供する活動、奨学金などから夢を叶えるサポートをする活動、そして夢を実現するステージとして、より良い社会の実現を目指し、持続的な環境保全活動を行う。

1:夢を持つきっかけを提供する活動「Have a Dream with Porsche」

本気で夢を追い求める小学生から高校生を対象に、プロフェッショナルとの接点の場を提供。未来をつくりだす意欲と創造性を育む特別講演やワークショップなどのイベントを企画する。「意欲と創造性をすべての10代へ」とミッションを掲げる「認定NPO法人カタリバ」をパートナーとして迎え、多様な出会いから広がる学びの機会創出や、「未来は、つくれる」と信じることができるキッカケを提供する。

2:夢を叶えるサポートをする活動「Grow a Dream with Porsche」

小学生から高校生を対象に、東京大学先端科学技術研究センター人間支援工学分野中邑研究室、ROCKETプロジェクトを通して異才・ユニークな才能を有するスカラーシップ生を一般公募。子供たちには、結果ではなく過程を重視した経験や興味関心を突き詰めて学ぶ場を提供することで、本物の体験と創造性の豊かさを創出する。

3:持続的な環境保護を行う活動

ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京を開設する千葉県と「自然環境保全協定」を2020年6月15日に締結。これを通じて、自然の保存、植生の回復など適切な措置を講じるだけでなく、伐採樹木を定量的に把握し公開するなど積極的に情報開示を行っていく。さらに希少植物専用の湿性生物保全エリアを新たに設置するなど、一歩踏み込んだ環境への配慮を行うという。

【問い合わせ】
ポルシェコンタクト
TEL 0120-846-911