F1バーレーンGP木曜会見(2):リカルド、前戦の接触を謝罪。オコンは「悪いタイミングで悪い場所にいた」と恨みなし

 今シーズンのF1は、コロナ禍によって新しい生活様式が採り入れられている。そのひとつがソーシャルバブルで、チームごとに同じ場所に滞在し、行動を共にすることで、他チームとの交流を極力なくして感染のリスクをそのグループ内のみにとどめようというアイデアだ。そのため、木曜日のFIA会見は開幕戦からチームごとに行われている。

 バーレーンGPの木曜日会見では、6番目に登場したルノーに注目が集まった。それは、前戦トルコGPでエステバン・オコンとダニエル・リカルドがスタート直後に接触していたからだ。

 この接触により3番手で1コーナーに進入したオコンはスピンし、終わってみれば11位。リカルドはそのままレースを続行したが10位に終わり、コンストラクターズ選手権でレーシングポイントとマクラーレンに逆転された。

 しかし、会見場に現れたオコンは、吹っ切れた様子でこう話した。

「レース後、ダニエルが来て、『君にぶつけたのは僕だ』と謝ってくれたんだ。僕は当然、一緒に1コーナーでスピンしていたバルテリ(ボッタス/メルセデス)の仕業だと思っていた。だって、彼は1周目に別のコーナーでもぶつかってきていたからね」

「今シーズン、最高のスタート」をしたオコンには、表彰台のチャンスもあっただけに、そのレースを台無しにしたリカルドには、謝ってきたからといって、簡単には許せない感情があったとしても不思議はない。しかし、オコンはリカルドに恨みはないという。

「ダニエルは(イン側のルイス・ハミルトンとアウト側の自分に)挟まれて、サンドイッチ状態だった。つまり、僕は悪いタイミングで悪い場所にいたというわけだ」と、バーレーンGPの木曜会見でのオコンに、リカルドに対する恨みはまったく感じられなかった。

2020年F1第14戦トルコGP スタート直後、ルイス・ハミルトン(メルセデス)とエステバン・オコン(ルノー)に挟まれる形になったダニエル・リカルド(ルノー)
2020年F1第14戦トルコGP スタート直後、ルイス・ハミルトン(メルセデス)とエステバン・オコン(ルノー)に挟まれる形になったダニエル・リカルド(ルノー)

 そんなオコンが少しだけおかんむりとなったのは、ある記者のこんな質問だった。

「ダニエルに質問です」

 すると、オコンはこう割って入ってきた。

「彼は今年ずっとダニエルにばかり質問しているよね!!」

 そこでリカルドはこうフォローした。

「エステバンはただいま質問募集中だって」

 本当に仲のいいふたりだった。

エステバン・オコン(ルノー)
2020年F1第15戦バーレーンGP エステバン・オコン(ルノー)