プジョー、先行発売で好評を得た『リフター』を本格投入。特別仕様車と2グレード構成に

 SUVのスタイル、走行性能を融合させたプジョーの新コンセプトMPV(マルチ・パーパス・ビークル)として登場し、2019年10月に日本初上陸の先行モデルが好評を博した『RIFTER(リフター)』が、カタログモデルとして本格導入され、11月25日より特別仕様車GT Line First Limited(GTライン・ファーストリミテッド)とAllure(アリュール)の2グレード構成で発売開始となっている。

 一足先に本格展開を開始した姉妹車『シトロエン・ベルランゴ』とともに、PSAの誇る最新モジュラープラットフォーム“EMP2”を採用した『プジョー・リフター』は、そのテイストを「マッシブかつアクティブな印象に満ちたSUVテイストのスタイリング」として、より強い個性を打ち出している。

 1850mmの全高と両側スライドドアは、宿敵『ルノー・カングー』と同様の“フルゴネット”的構成を持つミニバンの王道ディメンションながら、180mmの最低地上高がもたらす悪路走破性や『SUV 3008』『SUV 5008』にも採用されている軽量、高剛性、高汎用性を誇るグループPSAの中核プラットフォーム採用により、SUVのロバスト性とミニバンのユーティリティの融合という新たなジャンルを創出する。

 そのシャシーは、リヤのトーションビーム取付け部より後方のフロアと、そのトーションビームを前モデルの改良バージョンによる専用設計とし、プジョーがラリーフィールドで培った駆動力制御、車輌運動制御のノウハウを活用したトラクションコントロールの進化版ともいえる“アドバンスドグリップコントロール”を搭載することで、5つのモードを活用し悪路走破性を向上させている。

 その性能を視覚的に表現するべく、樹脂製のホイールアーチとサイドプロテクター、そしてバンパープロテクターにクラッディングを採用し、短いオーバーハング、高いルーフとルーフバーによる積載性、ガラス部分のみの開閉も可能な巨大なテールゲートによる利便性など、レジャーやアウトドアでの高い適性を予感させる。

SUVのロバスト性とミニバンのユーティリティの融合という新たなジャンルを創出する『プジョー・リフター』
自慢のi-Cockpitに加え、プジョーがラリーで培ったノウハウを活用した”アドバンスドグリップコントロール”を搭載する

■最大積載状態で2126リットルという圧巻の積載性!

 そのパワートレインも、先行モデル同様のDV5と呼ばれる1.5リッター直列4気筒クリーンディーゼルを搭載し、130PSというパワーだけでなく、300Nmという自然吸気3リッターガソリンエンジンなみの力強いトルクを1750rpmという低回転から発生。

 電子制御8速オートマチックトランスミッションEAT8とあいまって、悪路から高速道路でのロングドライブまで、優れた走行性能を発揮するとともに、21.2km/L(JC08モード)、18.2km/L(WLTCモード)という優れた省燃費性能と経済性も誇っている。

 また、インテリアのあらゆる場所に配された収納スペースや、2列目シートを倒した最大積載状態で2126リッターという圧巻の積載性、そんな収納スペースとも融合するマルチパノラミックルーフなどに加え、アクティブクルーズコントロール、アクティブセーフティブレーキなど先進のADAS(安全運転支援機能)も搭載。現代の最新モデルとして必須の実力を備えている。

 そのリフターのラインナップは、シンプルなエントリーグレードのAllure(アリュール)と特別仕様車のGT Line First Limited(GTライン・ファーストリミテッド)の2グレード構成に。

 従来グレードのGT lineに相当する後者は、大径アロイホイールにブラックパーツ(フロントグリル、ドアミラーなど)によるスポーティな外観と、ブラウン基調のシックなツートーンインテリアが特徴となる。加えて最新のフルディスプレイミラー(FDM)とLEDフットランプも装備し、価格は379万円。シンプルな構成のAllureは329万円となっている。

3座独立式の2列目シートを倒した最大積載状態で、2126リッターという圧巻の積載性を誇る
収納スペースとも融合するマルチパノラミックルーフも採用。ガラス部分のみの開閉も可能な巨大なテールゲートによる利便性など、レジャーやアウトドアでの高い適性を予感させる

プジョーコール TEL:0120-840-240