梅本まどか、初めてのe-Sportsイベントに参加してきました☆【うめまど通信vol.24】

■初めてのe-Sportsイベントに大興奮、大感激!

皆さんこんにちは~! 元SKE48の梅本まどかです。

2020年11月15日(日)にGR Garage TRESSA YOKOHAMAで行われた「Weins e-Sports Grand Prix2020」準決勝DグループにゲストMCとして参加させて頂きました!

梅本まどかちゃん
チラシとパシャリ♪

みなさんはe-Sportsの大会って見たことありますか?

私は初めて見たのですが、こんなに熱くて面白いなんて…。ホントにずっと目が離せない、予想の上の上をいった白熱した戦い! 感動の結果に見ていただけなのに終わったら汗をかいていました(笑)。それくらい凄く熱い戦いだったのです。

Dグループの準決勝ということで、他のグループがどういう戦いだったかは分らないのですが、フリー走行の時間が最初にあり、それから、予選→決勝と行われます。

もう予選の時点からタイムが僅差だったりで、どうなの!? 誰がPP(ポールポジション)とる!?とドキドキワクワク。

グループ分けとスケジュール
このようなグループ分けとスケジュールでした。

Dグループは8台でのバトルになるのですが、トレッサ横浜に全員が集まるわけではなく、他の5店舗のお店とネットで繋ぎ、各店舗1~2人の選手が参加する形になっていました。

この「Weins e-Sports Grand Prix2020」は2019年11月に予選がスタートして、当初パシフィコ横浜で本戦が行われる予定だったのです。

ですが、新型コロナウイルスの影響もあり、延期したり形を変え、A〜Fまでの6グループで準決勝を行い、優勝者は決勝に。そして、2位の選手は決勝当日に行われるワイルドカード争奪レースに進みます。

なので、この日のDグループの戦いで1位、もしくは2位になると決勝の日にもバトルができるという内容でした。

今回私はゲストMCだったのですが、GR Garage トレッサ横浜のコンサルタント彦坂さんが実況や進行をして下さいました!

彦坂さんと
彦坂さんとDポーズ♪

練習走行の時に私はレースに参加して走り、その解説を彦坂さんがして下さったのですが、準決勝で走るサーキットは別のインテルラゴス。

使用車種はGR スープラRZ2020でBoP、ブースト無効。ストップストリームや雨、コース外でのグリップ低下はリアル。マシンセッティングは禁止というレギュレーションでした。

インテルラゴスは実際に走ってみると難しく、特に下り勾配は「これは凄い、難しい…」と思わず呟いてしまうほど。出場される方がどんな走りをどんなラインどりでするか?も楽しみなポイントでした!

またA・B・Cグループが行われた時はタイヤ交換をする選手もいたそうで、そういったタイヤマネージメント、ピット作戦も入ってくる、リアルに近い内容になっていて、そういった辺りの注目ポイントも彦坂さんに教えて頂いていると、あっという間に予選も終わり決勝に。

それぞれマシンを好きなカラーリングやデザインにされていたのですが、個性も出ていて、どれが誰だかわかりやすいマシンになっていました!

ドキドキしているといよいよスタートです☆

グリッドは予選順で方法はグリッドスタート。この瞬間はホントのレースとはまた違い、画面を見たまま瞬きが出来ないような緊張感に包まれていました!

スタートするとトレッサ横浜で走っていた選手Aさんがトップに。その後にピタッとついて走る溝ノ口店さんで走るBさん。またその背後にはトレッサ横浜で走るCさん。この3人のバトルはかなり熱く、途中までニュータウン店で走るD選手と4人でバトルをしていたのですが、周回数を重ねるうちにD選手は脱落…3人のバトルに。

B・C選手はもう隙があればすぐにいくぞ!という姿勢を魅せながらA選手にしかけていきます。途中B選手が前に出てA選手がオーバーテイクされていき、3位に。

ここからB選手vs. C選手の白熱のバトルが始まるのですが、C選手はB選手に何度もしかけようとしたのですが、中々抜けず、またそのお互いのテクニックが素晴らしく、普通ならミスしてしまいそうな場面も綺麗に交わし、また仕掛けに体制を整えます。

B選手もずっと追われてプレッシャーのある中、タイヤマネージメントもしながらトップを守り、ラスト1周。

ラストラップはC選手はここぞとばかりに仕掛けにいくのですが、B選手の守りもかたく、最終コーナーで最後の追い上げでサイドバイサイドになり、オーバーテイク。また、ジワジワと2選手のバトルのおかげで近づいていたA選手も最後の追い上げで一気に駆け込み2位に。

トレッサ横浜店のC選手が優勝! A選手が2位という、とてもとても熱いレース展開でした。

「MVPは溝ノ口店のB選手ですね」と実況では話していたのですが、ホントにこの3選手の攻め、守り、戦う走りに感動し、この日はお客さんもソーシャルディスタンスを守りながらレースを大きなモニターで観ていたのですが、フィニッシュ後には大拍手が起こりました!!!!!

こんなに会場が一体となる雰囲気、イベントはとても久しぶりで胸にジーンとくるものがありました。ゲストMCとして、走り終わったA、C選手にお話を聞いたのですが、「気の抜けないバトルで凄い緊張したけど、よかった」と話してくれました。

彦坂さんは予選の時から2選手の事を知っていて、凄く練習してきていたと聞いていたし、トレッサ横浜店で1-2とってもらえて嬉しかったとも話ていました。私は、このお2人の戦いを見たからには、決勝での活躍も期待したいですし、是非B選手の分も頑張ってもらいたいなと思いました。

ちなみに決勝は2020年12月6日(日)13時30分からGR Garageトレッサ横浜で行われるそうです。

準決勝でこんなハイレベルの戦いだったので、決勝ではどんなレース展開になるのか。ホントに楽しみです!

●私もe-Sportsで走っちゃいました♪

実はDグループの戦いの前後にエキシビションが行われたのですが、このレースに私も参加させて頂きました!

梅本まどかちゃん
頑張るぞ!

準決勝の前のエキシビションでは、各店舗のスタッフの方と首都高でのバトルをしたのですが、トレッサ横浜店の店長さんが最後尾スタートだったのに見事1位に。

打ち合わせの時からかなり気合いを入れていて、意気込みが違うなと感じたのと同時に、こうしてイベントを盛り上げ、楽しめるスタッフさんが沢山いるGR Garageトレッサ横浜さんの魅力をとても感じました☆

私は PPスタートでしたが、バトルは苦手。すぐに追い抜かれてしまいました(笑)。でも走ってると楽しくなって、悔しいし、もっとやりたいって思っちゃうんです!

準決勝後のエキシビションレースでは、準決勝を戦った選手の皆さんとバトルをさせて頂いたのですが、さすがにボロ負けしてしまうので、私だけGRスープラに乗せて頂き、1人圧倒的なパワーハンデをもらっていざ勝負!

1レース目は負けてしまったのですが、2レース目の首都高バトルではなんと、なんと、1位に!!!!!

ガードレールもあるからコースオフしない、安心感と踏めば速いGRスープラのおかげで1勝することが出来ました☆

喜んでいたのですが、3レース目に筑波サーキットに舞台を移すと、速さを生かした走りが出来ず、さっきの優勝が嘘かのような結果に…!

私はエキシビション3レースを続けてさせて頂いたのですが、準決勝の戦いを終えてからもエキシビションを戦う選手方のタフさにホントに驚きました。もう筑波サーキットを走っているときには、すでにクタクタになっていたのです(笑)。

でも、ホントにe-Sportsの楽しさをこの日は味い、体感できて、とても貴重な1日でした!! 観てても、やっても楽しいんですね☆

エキシビション用の私のマシン
エキシビション用の私のマシン!

あとひとつサプライズで、トレッサ横浜さんがこんな素敵なマシンをエキシビション用に作ってくれました☆

特別なマシン
横からみたマシン。

かっこよくないですか!? これで走るとより気合いが入り、またこんな事も出来るんだ!と初めて知って驚きました!!

会場に観に来て下さった方も驚いていて、より盛り上がり、トレッサ横浜店さんは大きなショッピングモールの中にあるので歩いて足を止めてみて下さる方もいたりと、ホントに会場全体の熱が上がり、伝わっているのを感じました。

この大会の当初の予定とは違う形になってしまったのですが、こうしてグループに分けて準決勝が行われ、大会が再開でき、ホントによかったなと思ったし、なにより参加させて頂けてホントに嬉しかったです!

モニター
GR Garageの前のモニターでも流れてました!

この日の模様が[公式]Weins e-Sportsチャンネルでも見られるので気になった方は是非覗いてみてね!

●トレッサ横浜の中にあるGR Garage。

先程も少しお話したのですが、今回お邪魔したGR Garageトレッサ横浜はトレッサ横浜という大きなショッピングモールの中にあるGR Garage。

こんな雰囲気
こんな雰囲気です。

ショッピングモールの店舗と店舗の間の通路に沢山車両が並んでいたり、GR Garageの隣にはT-up。その隣にはネッツトヨタ神奈川店、トヨタカローラ神奈川店、横浜トヨペットと続いているんです。トレッサ横浜ならではの雰囲気ですよね!

告知モニターにも
モニターは告知画面になってます。

また、今回行われた大会の会場は3台戦えるようセッティングされ、見やすいように大きなモニターも設置されていました。

新型コロナウイルス対策でパーテーションも置いてあり、もちろん消毒、検温機もありました。これがGR Garageだなんて驚きですよね。

もちろん、これは大会用で普段は違う配置になっているのですが、設備が素晴らしくて、朝みた時は「す、スゴイ!」と思わず口に出そうになりました。

メダルや盾がいっぱい
メダルや盾がいっぱい!

エキシビションで店長さんが速かったのですが、このGR Garageにジムカーナのメダルや盾があり、よく見ると店長の他にも上手な方がいるみたいなんです。

やっぱり皆さん、走るのが好きなんですね☆

GR Garageはそれぞれ店舗によって、得意ジャンルや参戦しているカテゴリーが違うのも面白いポイントですよね!

ジムカーナのプチ大会みたいな初心者向けのイベントも行っているそうなので、気になった方はお店のスタッフさんに聞いてみて下さい☆

GR Garageの店内
GR Garageの店内です。

他にも展示してあるものやGRコンサルタントさんの似顔絵紹介などから、このお店の華やかさと温かさの伝わるお店の雰囲気を凄く感じました。

似顔絵
似顔絵です。

私にとってホントにあっという間な濃い1日でしたが、沢山の事を知り、なによりもe-Sportsの大会を会場で見れ、久しぶりにみんなで共有できるイベントに参加できて良かったです。

次回のうめまど通信もイベント。ラリーの1年前イベントについてなのでこちらもお楽しみに!

(梅本 まどか)