新型911 GT3ツーリングパッケージ、ニュルを激走! これがポルシェ新ユニットだ

■911スピードスターに搭載された4.0リットル水平対向6気筒エンジンを流用

ポルシェの人気高性能モデル「911 GT3ツーリングパッケージ」の次期型プロトタイプがニュルブルクリンクで高速テストを開始、その模様をビデオが捉えました。

同社では、2018年に前世代のGT3にツーリングパッケージを導入していますが、992世代での設定が確実となりました。

ポルシェ 911 GT3_003
ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ 開発車両

捉えたプロトタイプは、これまで目撃されているGT3プロトタイプと似ていますが、巨大なダックネックウィングを装備する代わりに、通常のカレラモデルと同じリアウィングを装備しています。

ポルシェ 911 GT3_005
ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ 開発車両

キャビン内は見ることができませんが、GT3の後部座席も取り外されている可能性があるようです。しかし、高回転の自然吸気エンジン、センターロックホイール、巨大なカーボンセラミックブレーキローターなど、ほかのGT3要素は全てツーリングパッケージに搭載されると予想されます。

パワートレインは、昨年発売された「911スピードスター」に搭載された4.0リットル水平対向6気筒エンジンが予想され、最高出力502psを発揮、6速MTと組み合わされます。

新しいユニットでは、より鋭い加速とより高い燃料噴射圧力のために個々ののスロットルボディの恩恵を受けるといいます。

新型GT3のワールドプレミアは、2021年初頭と予想されますが、ツーリングパッケージとの同時公開も期待できそうです。また1年後には「GT3 RS」もファミリーに加わる予定となっています。

(APOLLO)