新パワーユニットに好感触のフェラーリF1、現目標はホンダとルノー「メルセデスとの50馬力差を縮めるのは難しい」

 スクーデリア・フェラーリのチーム代表マッティア・ビノットは、2020年のフェラーリエンジンは最大のライバル、メルセデスより40~50馬力劣っているとして、この差を縮めるのは容易ではないと考えている。

 2019年、フェラーリのパワーユニット(PU/エンジン)は、ターボ・ハイブリッド時代を支配してきたメルセデスを超えるパフォーマンスを発揮した。しかし、規則違反の疑いを受け、FIAから技術指令書が発行された後、フェラーリのパフォーマンスは低下した。

 フェラーリは、2020年にはさらに深刻な低迷に陥ることとなり、その主な理由はエンジンのパワー不足であると考えられている。

 2021年に向けてフェラーリは完全に新しいパワーユニットを製作し、挽回を図ろうとしており、現時点ではテストで非常に有望な結果を手にしていると、ビノットは明かしている。しかし、F1ダブルタイトル7連覇を達成したメルセデスとのパフォーマンス差はあまりにも大きく、2021年にパワーの面で追いつけるとは考えていないと、ビノットは示唆した。

2020年F1第14戦トルコGP シャルル・ルクレールとセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2020年F1第14戦トルコGP シャルル・ルクレールとセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

「今の我々のエンジンはトップに位置するものではない。しかし来年は完全に新しいエンジンを使用することができる」とビノットは言う。

「メルセデスに追いつけるか? それは高望みというものだろう。それには40馬力から50馬力向上させる必要があるのだから。しかし今のホンダやルノーと並ぶことができれば、それは目覚ましい進歩といえるだろう」

「2021年に使用できるエンジン仕様は、細部は除いて、基本的にはひとつだけだということに留意する必要がある。間違いを犯す余裕はない」

 フェラーリは第14戦終了時点でランキング6位に沈んでいるものの、復調の兆しは見えており、第14戦トルコGPではセバスチャン・ベッテルが3位、シャルル・ルクレールが4位を獲得、今季最も多くのポイントを稼いだ。