ニッサン、コンパクトカー『ノート』を8年ぶりに一新。第2世代e-POWERを搭載し、デザインも大幅リフレッシュ

 日産自動車は2020年11月24日、第2世代へ進化したパワーユニット『e-POWER』を搭載した新型ノートを発表した。販売開始は同年12月23日を予定。今回発表したのは1モーターの前輪駆動(FWD)モデルで、車両価格は205万4800~218万6800円(税込)。追って、2モーターの電気式4WDモデルも同年12月にデビューを控えている。

 ニッサンの主力車種である『ノート』は、2005年1月に初代モデルが誕生。その後、2012年9月に2代目にバトンが渡り、2016年11月には『e-POWER』搭載モデルの追加で好調に売り上げを伸ばし、2018年の登録車販売台数ナンバー1を獲得している。
 
 今回、8年ぶりのフルモデルチェンジで3代目ノートが登場。新設計のプラットフォームを採用し、ボディサイズは全長4045mm(2代目比マイナス55mm)、全幅1695mm、全高1505~1520mm、ホイールベースは2580mmとなっている。

新型ノートのサイドスタイル
新型ノートのサイドスタイル
新型ノートのリヤスタイル
新型ノートのリヤスタイル

 新型ノート最大のポイントはシステムを大幅に刷新した第2世代『e-POWER』が搭載されている点だ。

 第2世代の『e-POWER』は、パワートレインのハードウェアとその制御を刷新し、より力強く上質な走りを実現させるとともに、電動パワートレインならではの静粛性も大きく向上している。

 また、新型ノートにはナビリンク機能を備えた運転支援技術『プロパイロット』や全方位の『360°セーフティサポート』などの先進安全技術も充実している。

  新型ノートのデザインは新たなデザインキーワード“タイムレス・ジャパニーズ・フューチャリズム”を具現化したもので、2020年7月にワールドプレミアしたクロスオーバーEV『アリア』と一貫性を持ったスタイルとなっている。
 
 エクステリアに目を向けると、フロント中央には新しい『NISSAN』エンブレムを装着し、フロントグリルと一体化した薄型のヘッドランプ、そこにつながる新型のVモーションクロームなどを採用し、全体的に洗練された印象だ。

 また、フロントグリルに、日本の伝統工芸である組子をモチーフにしたパターンがあしらわれているのも見どころだ。

日本の伝統工芸である組子をモチーフにしたフロントグリル
日本の伝統工芸である組子をモチーフにしたフロントグリル

“日本らしさ”という面では、オプションで用意されている16インチのアルミホイールも特徴的で、日本刀からインスパイアされたというシャープで洗練されたデザインが採用されている。

 ボディカラーは、2色の2トーンを含む、全13色のカラーバリエーションが用意された。

 インテリアは、外に向かって広がるようなインストゥルメントパネルや、センターディスプレイと一体化したメーターを装備し、先進感と使いやすさを兼ね備えたデザインにまとめられた。

 小型の電制シフトレバー(セレクター)が乗るブリッジ型のセンターコンソールには、大型の収納スペースやロングリーチのアームレストを装備するなど、快適さも向上している。

 グレード展開は『F』(205万4800円)、『S』(202万9500円)、『X』(218万6800円)の3グレード構成。また、日産自動車の関連会社オーテックジャパンからは助手席回転シート仕様、カスタムカー『オーテック』も2020年12月に発表が予定されている。

新型ノートのインパネまわり
新型ノートのインパネまわり
新型ノートのメーター&センターディスプレイ。一体化したデザインがポイント
新型ノートのメーター&センターディスプレイ。一体化したデザインがポイント
新型ノートの小型シフトレバー
新型ノートの小型シフトレバー
新型ノートのフロントシート
新型ノートのフロントシート
新型ノートのリヤシート
新型ノートのリヤシート
新型ノート『オーテック』仕様のフロントスタイル
新型ノート『オーテック』仕様のフロントスタイル
新型ノート『オーテック』仕様のフロントシート
新型ノート『オーテック』仕様のフロントシート