日本初のポルシェ体験施設『ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京』が2021年夏開業

 11月24日、ポルシェジャパンはポルシェが世界8カ所で展開しているスポーツドライビングおよびブランド体験施設『ポルシェ・エクスペリエンスセンター』を日本で初めて千葉県木更津市に開設すると発表した。『ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京(PEC東京)』と名付けられる同施設は2021年夏開業予定だ。

 ポルシェ・エクスペリエンスセンターは、ドイツのホッケンハイム、ライプツィヒをはじめ、シルバーストン(イギリス)、ル・マン(フランス)、ロサンゼルス(アメリカ)、上海(中国)、フランチャコルタ(イタリア/2021年オープン予定)といった世界各地の都市に開設され、今回発表されたPEC東京は世界で9番目のポルシェ体験施設となる。

 千葉県木更津市に置かれる同センターでは、ポルシェが誇る高性能モデルの性能を充分に引き出すさまざまなトラックが用意され、オフロードコースも含まれる。

 全長2.1kmのトラックコースはPECで初めて、元の地形を活かした三次元コースとなり、ニュルブルクリンク北コースの“カルーセル”やアメリカ、ラグナ・セカの“コークスクリュー”などの名物コーナーを再現。高低差を直に感じる3Dドライビングが体験可能となった。
 
 また、併設される建物では専属インストラクターによるポルシェの運転理論や技術の本格的なレクチャープログラムも実施される。この他、ラウンジやレストラン、ミーティングルーム、本格シミュレーターなども用意されるという。

 この建物は日本の伝統技術のひとつである『江戸切子』が外観のモチーフに用いられている。また、館内にも左官や日本庭園を連想させる“和”のテイストが採用された。

「ポルシェは唯一無二の顧客体験を最優先する企業であって、世界中のポルシェ・エクスペリエンスセンターがこの戦略的アプローチを独自の方法で具現化させています。自動車業界全体を見渡しても、同じ方法を採用している企業は他に見当たりません」と語るのは、ポルシェAGセールスおよびマーケティング担当取締役のデトレフ・フォン・プラテン。

「日本のお客様は、ポルシェ製品のスポーツ性とエクスクルーシビティーをこよなく愛していらっしゃいます。この新しいポルシェ・エクスペリエンスセンターは、それぞれのお客様がポルシェの情熱に触れ、それを他の人たちと共有することのできる絶好の場所となるでしょう」

 ポルシェジャパン社長のミヒャエル・キルシュは、「日本にポルシェ・エクスペリエンスセンターを設立できることに深い喜びを感じています。千葉県木更津市はとても美しい自然に囲まれた都市で、設立にあたり環境保全に関わる問題を深く追求し協議してきました」とコメント。

「ポルシェは千葉県および木更津市のコミュニティに対し、貢献できる良き企業市民でありたいと考えます。新しい観光スポットを作り、雇用の機会を創出するだけでなく、世界的にも非常に美しいこの千葉の立地においてエキサイティングな試乗体験を提供したいと思っております」

「既存のお客様はもちろんのこと、ポルシェオーナー以外のお客様やさまざまな企業のビジネスニーズに対応するこの新しい施設は、どなたにもご利用いただけます。多くの方が集い新しいスポットとして注目されることを願います」

ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京 イメージ
ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京 外観イメージ
ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京 外観イメージ
ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京 イメージ

■ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京

住所:木更津市伊豆島字中ノ台1148-1
敷地面積:43ha
事業区域:13ha
トラック:全長2.1km
Webサイト:https://www.porsche.co.jp/pec/