マクラーレンの次世代ハイパフォーマンスハイブリット、「マクラーレン アルトゥーラ」の2021年発売が決定

マクラーレンの次世代ハイパフォーマンスハイブリット、「マクラーレン アルトゥーラ」の2021年発売が決定

McLaren Artura

マクラーレン アルトゥーラ

完全新規開発されたハイブリッドパワートレインを搭載

マクラーレン・オートモーティブは、2021年にニューモデル「マクラーレン アルトゥーラ」の投入を発表した。今回、併せてリヤセクションを撮影したティーザー写真が公開された。

アルトゥーラはマクラーレンの技術を結集したハイブリッドパワートレイン「ハイ・パフォーマンス・ハイブリッド(HPH)」を搭載。半世紀以上に及ぶレーシングカーとロードカーにおけるマクラーレンの知識、経験、エンジニアリング技術を活かして開発されている。

あらゆる面が完全新規開発された電動化技術は、まず2012年に発表されたハイブリッド・ハイパースポーツ「マクラーレン P1」で実証された。さらにマクラーレン史上最速の最高速度403km/h(250mph)を誇るハイパーGT「スピードテール」での経験を活かした上で、ハイパフォーマンス・ハイブリッドシリーズ初のスーパースポーツとして投入される。

マクラーレン・オートモーティブのマイク・フルーウィットCEOは、アルトゥーラについて以下のようにコメントした。

「マクラーレン アルトゥーラは、あらゆる要素が新しく設計されています。それはプラットフォームアーキテクチャーから、HPHパワートレイン、もちろんエクステリアやインテリア、最先端のドライバーインターフェースにまで及びます。数十年にわたる先駆的な超軽量のレーシングカーやロードカーのエンジニアリング技術を活かし、電動化に関するあらゆる専門性を注ぎ込んでいます」

マクラーレンの次世代ハイパフォーマンスハイブリット、「マクラーレン アルトゥーラ」の発売

新開発V6ガソリンターボに電気モーターの組み合わせ

アルトゥーラに搭載されるハイ・パフォーマンス・ハイブリッド(HPH)は、コンパクトな新開発V型6気筒ガソリンツインターボエンジンに、電気モーターを組み合わせた。より大排気量のマクラーレンV型8気筒エンジンのパフォーマンスを持ち合わせながら、低回転域でのトルクレスポンスの向上という新たなメリットも加わり、躍動感あふれる加速を実現。また、電力のみでの走行も可能で、排出ガスゼロ指定市街地でも走行できる。

アルトゥーラは、新開発のプラットフォームアーキテクチャーを採用した最初のモデルとなる。電動化のために最適化されたこのアーキテクチャーの設計・製造は、イギリスのマクラーレン・コンポジット・テクノロジー・センターが担当している。

マクラーレンは、アルトゥーラでもモータースポーツをルーツとする超軽量のエンジニアリング理念をさらに推し進めた。例えばHPHシステムの採用により追加された重量は、シャシー、ボディ、パワートレインの隅々まで軽量化技術を適用したことでほぼ相殺。マクラーレンが誇る卓越したダイナミクスをベースとした「マクラーレン・カーボン・ライトウェイト・アーキテクチャー(MCLA)」を採用し、クラス最軽量のアドバンテージも手にしている。

アルトゥーラに関するさらなる詳細は、今後数ヵ月以内に明らかにされる予定だ。