ベッテル「フェラーリF1との蜜月時代は終わったが、やる気を失ってはいない」

 4度のF1世界チャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、フェラーリとの蜜月時代は終わったと認めた。しかし、フェラーリを離れた後も、自身のF1キャリアはあと3年から7年は続く予定だという。

 ベッテルはフェラーリでの最終シーズンを迎えており、2021年にはチーム名をアストンマーティンへと変更するレーシングポイントに移籍する。

「僕は今33歳だ。あと3年は走るつもりだけど、40歳でレースをしていたくはない」とベッテルは語った。「つまり、僕にはF1での時間が3年ないし7年残っているということになる」

 2020年シーズン、ベッテルは苦戦し、フェラーリでのチームメイトであるシャルル・ルクレールほどの結果を出せずにいる。

「今年のシーズンはとても難しい。自分の能力を疑うことさえあったことを認めるよ」とベッテルは言う。
「今シーズンは目標にまるで届いていないし、チームとの関係も簡単にはいっていない。蜜月時代は終わったんだ。それでも僕はやる気を失ってはいない」

2020年F1第14戦トルコGP 表彰式
2020年F1第14戦トルコGP表彰式 ルイス・ハミルトン(メルセデス)、トト・ウォルフ(メルセデス チーム代表)、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)

 ベッテルは、2021年以降の新プロジェクトに対しても強い意欲を持っている。

「残りのレースにもまだ多くの期待を持っている。でも、アストンマーティンとの新プロジェクトには多くの可能性があると思う」とベッテル。
「すぐに成功を収めることはできないだろう。でもムードが完全に変わり、新しい目標もあるはずだ。チームの前進を助けることが目標だよ」