「JZA80だからこそのハイパワーチューンド!」エンジン本体には手を入れずとも800馬力が狙える2JZの魔力

「JZA80だからこそのハイパワーチューンド!」エンジン本体には手を入れずとも800馬力が狙える2JZの魔力

800馬力を常用発揮させる名門の技

2JZの強みを存分に活かしたハイチューンスペック

ドラッグレースに関わって30年近いのキャリアがある老舗“アバンス名東”が製作したJZA80スープラの登場だ。高い耐久性を持つことで知られる2JZエンジンの限界ギリギリに挑んだ仕様とされているのが特徴だ。その出力は、なんと800psオーバーだという。

心臓部は、ヘッドにHKSのハイカム(280度)をセットしているのみで、エンジン内部はなんとノーマルのまま。ここまでのパワーを狙う場合、真っ先に壊れるのはコンロッドだ。その対策として、ブーストがかかる瞬間の点火時期をわずかに遅角させてプログラム。腰下への負荷を抑えているのだ。

冷却系はサードのラジエターにトラストのオイルクーラー、ブリッツ製インタークーラーで強化。燃料系はアペックス1000ccインジェクター6本に、ニスモ製フューエルポンプ(280L/h)を2基投入。制御はアペックスのパワーFCにて行われる。

オーバー800psを余裕で達成するトラストのT88H- 34Dタービンを使ったビッグシングル仕様は、まさに2JZエンジンの耐久性を生かした特権。これだけ巨大なタービンを積んでも、燃料系と冷却系のグレードアップで楽しめるセッティングを実践している。

運転席側のヘッドライトはハイビーム側を加工し、フレッシュエアをダイレクトにタービンへと引き込める仕様。フロントマスクの仕上がりがそれだけでスパルタンなものとなっている。

オーバーハングの重量物となるバッテリーをトランクへ移設。その他、コレクタータンクをはじめとする燃料系パーツをここに集約させている。

富士スピードウェイでの試乗を担当したレーシングドライバーの和田久選手は「9000rpm付近までパワーを使えそうな感じがする。乗り味はまさにゼロヨン仕様という感触で、ブーストがかかりだすと、まるでロータリーみたいにどんどん加速していくんだよ。馬力のオバケだね」とコメント。

風量が大きなT88Hタービンゆえに高回転型のエンジン特性ではあるが、2JZ-GTEという名機のポテンシャルの高さを再確認させてくれるようなチューンドだ。

●取材協力:アバンス名東 愛知県名古屋市守山区太田井5-29 TEL:052-796-0271