MotoGP:オリベイラがポール・トゥ・ウインで2020年最終戦を制す。新王者ミルは完走ならず/第15戦ポルトガルGP

 MotoGP第15戦ポルトガルGPの決勝レースが、ポルトガルのアウトドローモ・インターナショナル・アルガルベで行われ、MotoGPクラスはミゲール・オリベイラ(レッドブルKTMテック3)がポール・トゥ・ウイン。ジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)は16周目にピットイン。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は後半に追い上げ、5位でフィニッシュを果たした。

 2020年シーズン最終戦の決勝レースは、気温21度、路面温度27度のドライコンディションでスタート。ポールポジションスタートのミゲール・オリベイラ(レッドブルKTMテック3)が好スタートを切ってホールショットを奪い、2番手にフランコ・モルビデリ(レッドブルKTMテック3)、3番手にジャック・ミラー(プラマック・レーシング)、そして4番手にはカル・クラッチロー(LCRホンダ・カストロール)が続く。

 母国グランプリとなるオリベイラのペースは序盤から速く、2周目には早くも2番手に1秒以上の差を築き、トップを独走しつつあった。オリベイラは4周目に1分39秒879のファステストラップを記録し、その後も2番手のモルビデリとの差を広げていく。

 2番手のモルビデリと3番手のミラーのポジションには変わりなく、このふたりも4番手に浮上したポル・エスパルガロ(レッドブル・KTM・ファクトリーレーシング)に対し3秒以上のアドバンテージをつけていた。

 11番手スタートだった中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は、10周目にファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)を交わして9番手に浮上すると、前を走るアレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)を追う。クアルタラロはペースが上がらず、その後もポジションを落としていった。

 14周目を迎えても依然としてオリベイラがトップを独走。その約4秒後方にモルビデリとミラーがつけ、表彰台圏内の3ライダーは盤石のレース展開である。

 一方、4番手のP.エスパルガロ以降は少しずつ間隔を開けて連なるような展開が続く。15周目にはアンドレア・ドビジオーゾ(ドゥカティ・チーム)が8番手のリンスを交わし、同じタイミングで中上もリンスをオーバーテイク。ドヴィツィオーゾが8番手、中上が9番手にポジションを上げる。

 10周目、前戦バレンシアGPでタイトルを獲得したジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)がピットイン。何らかのトラブルが発生したものと思われる。ミルは20番グリッドからスタートして1周目にフランセスコ・バニャイア(プラマック・レーシング)と接触し、その後、16番手付近を走行していた。

 残りが7周になるころには、4番手のP.エスパルガロも単独走行となり、5番手のヨハン・ザルコ(エスポンソラーマ・レーシング)が9番手までのライダーを率いる展開。残り5周の1コーナーでは複数台によるオーバーテイクが繰り広げられ、ザルコは一気に8番手に後退。ドヴィツィオーゾが5番手、そして中上が6番手に浮上した。中上はその翌周にドヴィツィオーゾを交わし、5番手にポジションを上げている。

 中上は残り2周で4番手のP.エスパルガロに1秒差、さらに最終ラップに入るころにはその差は1秒を切るまでになり、P.エスパルガロを猛追する。

 最終ラップには2番手のモルビデリに対し一定の差を保ち続けてきた3番手のミラーが、モルビデリをオーバーテイク。前戦バレンシアGPの最終ラップで優勝争いを展開したふたりが、最終戦ポルトガルGPの2番手争いでも最後に火花を散らした。

 そしてオリベイラは、一度もトップを譲ることなくそのまま先頭でチェッカーを受け、母国グランプリでポール・トゥ・ウイン。オリベイラにとって2020年シーズン2勝目を挙げた。

 2位フィニッシュを果たしたのは、最終ラップでモルビデリを交わしたミラー。モルビデリは3位でフィニッシュし、リンスが15位でレースを終えたことで、モルビデリがチャンピオンシップのランキング2位を獲得。リンスはランキング3位となった。

 4位はP.エスパルガロ。5位はレース終盤に追い上げを見せた中上。11番グリッドからスタートし、4位のP.エスパルガロに約0.7秒差にまで迫った。

 そして、来季はMotoGP参戦を“休止”するドヴィツィオーゾは6位でフィニッシュ。クラッチローは、フル参戦ライダーとして最後のレースを13位で終えている。そして、ヤマハのファクトリーチームライダーとしてラストレースとなったバレンティーノ・ロッシ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)は12位フィニッシュだった。

 こうした結果により、コンストラクターズタイトルはドゥカティが獲得し、ライダー、コンストラクター、チームの3冠を目指したスズキはリンスが15位、ミルがリタイアとなったことでランキング3位。7月からスタートした2020年シーズンは、このポルトガルGPで締めくくりを迎えた。

2020年MotoGP第15戦ポルトガルGP決勝レース
2020年MotoGP第15戦ポルトガルGP決勝レース

2020年MotoGP第15戦ポルトガルGP ミゲール・オリベイラ(レッドブルKTMテック3)
2020年MotoGP第15戦ポルトガルGP ミゲール・オリベイラ(レッドブルKTMテック3)

2020年MotoGP第15戦ポルトガルGP フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)
2020年MotoGP第15戦ポルトガルGP フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)