WRC:ラリージャパン2021は豊田スタジアムがサービスパークに。優勝トロフィーもお披露目

 11月21日(土)、2021年開催予定のWRC世界ラリー選手権第12戦『ラリージャパン2021』のイベント概要が発表され、新たに愛知県豊田市の豊田スタジアムにサービスパークと大会本部が置かれることが、ラリージャパン実行委員会の高橋浩司会長よりアナウンスされた。

 本来ならば、この週末にラリージャパン2020が愛知県と岐阜県で行われる予定だったが、新型コロナウイルスの影響により、残念ながら見送られることに。

 約1年後の11月11日(木)~14日(日)に開催予定のラリージャパン2021を盛り上げるため、愛知県名古屋市中心部のミツコシマエ ヒロバスでPRイベント『GO TO ラリージャパン2021』が11月21日と22日の2日間行なわれた。そのオープニングで、高橋会長は2021年大会に関する概要を説明した。

 高橋会長によると、来年11月11日(木)のセレモニアルスタートは、名古屋市内で実施。12日(金)から14日(日)にかけては、愛知県の岡崎市、豊田市、新城市、長久手市、設楽町、岐阜県の恵那市、中津川市の2県8市町でスペシャルステージが行われるという。ステージの実施エリアに関して、大きな変更はないようだ。

 1番大きな変更点は、サービスパークと大会本部が、愛・地球博記念公園(通称モリコロパーク)から、豊田市の豊田スタジアムに分離移転すること。

ラリージャパン2021のサービスパークが置かれる豊田スタジアム
ラリージャパン2021のサービスパークが置かれる豊田スタジアム

 モリコロパークはジブリパーク計画に伴う改修工事期間に入り、サービスパークを置く予定だった北駐車場の使用面積に制限が出るため、競技に関する機能は豊田スタジアムとその駐車場に集約。モリコロパークに関しては、大会を盛り上げるラリーパークとしての機能に特化させることになった。

 また、昨年実施されたセントラルラリー愛知・岐阜2019で好評だった、公園内のギャラリーステージも行われる。なお、昨年のセントラルラリーでもステージとして走行した岡崎中央総合公園はサテライト会場となり、スーパーSSが実施される予定だという。

 21日に行われた記者会見では、大会優勝ドライバーとコドライバー、マニュファクチャラーに贈呈される2種類のトロフィーが初公開された。
 
 高橋会長と大村秀章 愛知県知事によってアンベイルされたトロフィーはいずれも日本を代表するブランド、ノリタケが手掛ける磁器製。白を基調に日の丸をイメージさせる赤と、金色のラインがデザインされている。重さは約4kgだ。

 ラリーのアイテナリーなど詳しい情報はまだ発表となっていないが、1年後の大会に向けて、ルート設定やプログラムについてはさらなる精査を行ない、改善を進めていくという。新型コロナウイルスの世界的蔓延が終息に向かい、ラリージャパン2021が無事に開催されることを期待したい。

記者会見で登壇したラリージャパン実行委員会の高橋浩司会長
記者会見で登壇したラリージャパン実行委員会の高橋浩司会長
アンベイルされるラリージャパン2021優勝トロフィー
アンベイルされるラリージャパン2021優勝トロフィー
GO TO ラリージャパン2021の会場にはミツビシ、スバルのWRCカーも展示された。
GO TO ラリージャパン2021の会場にはミツビシ、スバルのWRCカーも展示された。