価格は2千万円超えも!? アルファロメオ「GTAm」市販型プロトをキャッチ

■ジュリアGTAをベースにしたサーキット志向。2.9L・V6ツインターボエンジンを搭載

アルファロメオは、2020年6月に4ドアセダン「ジュリアGTA」に設定されるサーキット仕様「GTAm」を発表しましたが、その最終市販型プロトタイプをカメラが捉えました。

アルファロメオ GTAm_001
アルファロメオ GTAm 市販型プロトタイプ

GTAmは、ジュリアGTAをベースにサーキット向けに仕上げたスパルタンモデルで、ボンネットフード、ルーフ、フェンダーなどにカーボンファイバーを採用。車重はわずか1,520kg(3,351ポンド)に抑えられています。

パワートレインは2.9リットルV型6気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力は533psを発揮、パワーウェイトレシオは2.82kg/hpで、0-100km/加速は3.6秒のハイパフォーマンスを誇ります。

アルファロメオ GTAm_010
アルファロメオ GTAm 市販型プロトタイプ

今回スパイショットを提供してくれたのは、Walter Vayr氏です。イタリアFXAのバロッコ試験場付近で捉えたプロトタイプは、巨大なカーボンファイバー製リアウィングと巨大なディフューザーを装備するほか、大径のコーナーエアインテーク、フェンダーフレア、リカーボネート樹脂の「Lexan」ウィンドウが見てとれます。

また写真ではわかりにくいですが、後部シートの代わりにロールバーが設置されているほか、2つのヘルメット、消化器を保管するための専用スペースを備えているといいます。

ジュリアGTAm は、新型ジュリアGTA と合わせて、500台を限定生産する予定で、価格は200,000USドル(約2千万円)程度と予想されています。

(APOLLO)