「あのR1チタンエキゾーストが原点回帰!?」一律16万8000円の『青炎』シリーズ爆誕!!

「あのR1チタンエキゾーストが原点回帰!?」一律16万8000円の『青炎』シリーズ爆誕!!

原点回帰ともいえるリーズナブルな価格設定

全車種一律16万8000円で販売スタート!

純国産フルチタンエキゾーストとして、今なお熱烈な支持を集めているR1チタンに新たなシリーズが加わった。それが超リーズナブルプライスを実現した「R1TITAN青炎(そうえん)」だ。

R1TITAN青炎シリーズの開発コンセプトは、ずばり“原点回帰”。というのも、R1チタンマフラーが産声を上げた20年前、最初期の販売価格帯は約15万円ほどだった。そう、現在一般に普及しているハイエンドステンレスマフラーと変わらないプライス設定がなされていたのだ。

R1チタンシリーズは、その後ノウハウの蓄積による品質向上や素材のブラッシュアップなどを繰り返す過程で価格が上昇していったのだが、若者から縁遠い存在となってしまったのも事実。そこで、より幅広い層にR1チタンの性能を体感してもらうべく、価格体系を見直したエントリーモデルの開発に着手。そうして生まれたのが、この「R1TITAN青炎」というわけだ。

製作を行なっている工場や職人はR1チタンと同じで完全なる純国産品。ヒートグラデーション(焼き入れ)をボディ後部のみとした上でジョイントも差込み式に変更。さらに、パイプの研磨を省くなどのコストカットを徹底することで、全車種16万8000円という驚異的な低価格を実現したのだ。

それでいながら、重量は接続バンド等を含めてもVAB用で5.45kg、その他モデルはすべて4kg台と超軽量であり、チタンマフラーとしての性能は一級品だ。

認証取得済み品ではない競技専用品ではあるが、全モデルにレゾネーター(サブサイレンサー)を組み込むことで音量は調整済み。フルストレート構造ながらジェントルな排気音量に抑えられている(86&BRZ用でアイドリング80db以下、近接5250rpmアクセルオン94dB~オフ101dB)。

対応車種は86&BRZ、VAB、Z33、Z34、ランエボXだが、今後さらに多くの車種への展開を予定しているとのこと。コスト面でチタンマフラーの導入に足踏みしていた層には、最適なエキゾーストシステムと言えるだろう。

●問い合わせ:R1チタン TEL:018-857-0755