「車種不明すぎる魔改造スープラ、現る!」エンジンはハイレスポンスの6連スロットル仕様!?

エンジンは漢の6連スポーツインジェクション仕様

セリカライト+ワイドボディで強烈インパクト!

T230系セリカの顔面スワップにより、車種不明感を放ちまくるJZA80スープラ。唯一無二の個性を求め、オーナーであるRENKAさんが10年の歳月を費やしてコツコツとカスタムしてきたエアロトップだ。

エクステリアはワンオフのオンパレード。フロントバンパーはアブフラッグとヴェイルサイドを合体させたスペシャル仕様で、ボディキットはアブフラッグのゼフィールをパテ埋めしてスマートにインストール。全幅2メートル超えのワイドボディ仕様ながら、膨張感や圧迫感などは一切感じさせない高いデザイン性は見事としか言いようがない。

ボンネットはドゥーラックのリフトアップモデルを装備。ヘッドライトは社外のセリカ用エンジェルアイ付きプロジェクタータイプを組み込んで個性を演出している。

リヤフォルムも凄まじく、IPFのレンズを使ったオリジナルのワンテール仕様を構築。クォーターガラスに導入しているルーバーはRPG製だ。カーボンディフューザーの隙間から覗く細みの4本出しマフラーもワンオフとなる。

あくまで実用性も兼ね備えたシャコタンとして仕立てられているため、サスペンションは車高調ではなくKRZのCANOVERを用いてエアサス化。イケヤフォーミュラの調整式アームも投入し、理想的なローフォルムを作り上げているのだ。

ホイールはウェッズのクレンツェLXZをベースにリバレル+再塗装したオリジナル仕様だ。サイズはフロント9.5Jのマイナス35、リヤ12Jのマイナス57。タイヤにはナンカン(F215/35R19 R295/25R20)を組み合わせている。

そしてエンジン。NAの2JZ-GEをベースに、インマニをワンオフで製作した上でAE111用の多連スロットルをドッキング、圧巻の吹け上がりとキレの良さを持つスポーツインジェクション仕様としているのだ。制御はF-CON Vプロ、美しいEXマニはワンオフの等長ロングモデルだ。カムカバーをあえて1JZ用にしているのも面白い。

ワンオフパーツを随所に盛り込みながら、独創的なオンリーワンカスタムを実践するJZA80スープラ。オーナーの想像力には、心底恐れ入った次第だ。

●取材イベント:スープラ全国ミーティング2020