『TOM’S TEAM MASK』に発熱素材を使った防寒仕様“WARM”が登場

 スーパーGT GT500クラスや全日本スーパーフォーミュラ選手権など、さまざまなカテゴリーで活躍するほか、アフターパーツメーカーとしてチューニングパーツを数多く手がけるトムスは、今年7月に発売したオリジナルマスク『TOM’S TEAM MASK』に冬仕様の“WARM”を追加。11月20日より注文を受け付けると発表した。

 国内に留まらず世界にもその名を轟かすトップチームのひとつであるトムスは、新型コロナウイルスによる健康危機が広がるなか、“新しい日常”において欠かすことのできなくなったマスクを「レースシーンでもより快適に使用できるように」という想いからチームオリジナルのマスク『TOM’S TEAM MASK』を開発。
 
 7月からは所属ドライバーやチームクルーも愛用するこのマスクの一般向け販売を行ってきた。

 そんなTOM’S TEAM MASKに、この冬を暖かく快適に過ごせる冬用の『TOM’S TEAM MASK WARM』が登場した。防寒仕様となる新商品には蒸発する水分を利用して発熱する吸湿発熱素材が用いられており、寒さ厳しい冬場のサーキットでも高い保温性を保つことで顔の冷えを抑えることができるという。

 また、夏仕様と同様に快適な着用感を実現した冬用では、リクエストの多かった新色グレーをラインアップに加え、人気のブラックとの2色展開に。いずれも『TOM’S』のロゴ入りとなっており、普段使いから応援グッズとしても活用できる。
 
 サイズはS、M、Lの3種類で価格は各1760円(税込)。11月20日(金)18時からTOM’S公式オンラインショップ(http://www.shop-tomsracing.com/)で受注開始となり、12月上旬より順次出荷される予定となっている。

■商品詳細・仕様
品名:TOM’S TEAM MASK (WARM)
希望小売価格:1760円(税込)
カラー:全2色(ブラック、グレー)
サイズ:全3サイズ(S、M、L)
素材:
 表地 ポリエステル100%
 裏地 アクリル52%、レーヨン34%、ナイロン12%、ポリウレタン2%

吸湿発熱素材が用いられたTOM’S TEAM MASK WARM
吸湿発熱素材が用いられたTOM’S TEAM MASK WARM
サイズはS、M、Lの3種類。手洗いすることで繰り返し利用可能となる。
サイズはS、M、Lの3種類。手洗いすることで繰り返し利用可能となる。