「初代CR-Xの魔力に取り憑かれた男の愛機」レアな無限パーツを取り入れた当時仕様!

国産ライトウェイトスポーツの黄金世代!

超軽量ボディと絶妙なボディバランスがクイックな走りを生み出す!

バラードの派生車として、1983年1月に登場したFFライトウエイトスポーツCR-X。当初のグレードは1.3Lの『1.3』と1.5Lの『1.5』の2本立てだったが、1984年11月のマイナーチェンジで、1.6L・DOHC16バルブのZCエンジンを搭載した『Si』を設定。ASという型式から、一部のファンにSシリーズの再来と捉えられた。

「なんてったって軽いボディが武器ですね」と語るのは、このCR-X(Si)のオーナーでありホンダ車チューンを得意とするショップ“ガレージFK”のスタッフでもある古賀さんだ。

吸排気系まで含めてフルノーマルなエンジンは、ノンオーバーホールだが調子は上々。世界初の中空カムシャフトの採用や、やはり市販乗用車で世界初となる、4バルブ内側支点スイングアーム方式のシリンダーヘッドにより、吸気バルブで10.3mm、排気バルブで9.0mmというハイリフトを達成したZC型エンジン。カタログスペックは135ps/6500rpm、15.5kgm/5000rpmだ。

車高調はエナペタル製を導入。サスペンション型式は、フロントがトーションバー・ストラット式で、リヤがトレーリングリンク式ビームとなるが、これはスペース効率と回頭性&応答性を考慮した設計で、『スポルテックサスペンション』と命名されたものだ。

サイドサポートアジャスターが付いたシートは、若干の色褪せこそあるものの年式を考えれば程度極上。“ワンマイルシート”と評され、北米仕様には装備されなかったリヤシートをはじめ、内装パーツはフル装備かつコンディションも抜群だ。

無限の『CF-48』ホイールと『エアスポイラー』と名付けられたリヤスポを装備するエクステリア。回転バランスと放熱性を考慮したフィンディスクを持つCF-48は当時の大ヒット作で、オプションでエアーカウルを装備することが可能だった。サイズは6Jの15インチで、タイヤはポテンザRE-01Rをセット。

「B型エンジンに載せ換えられないかって、試したこともあったんですけどね。マウントもメンバーも違うし、費用対効果が全然合わない。それでも、860kgの車重と2.2mのショートホイールベースが生み出す走りは楽しいですよ」と古賀さん。そして、このショートホイールベースとファストバックが織りなすサイドビューの美しさも、初代CR-Xの魅力だと語っていた。

●取材協力:ガレージFK 埼玉県三郷市采女1-162 TEL:048-958-8835