IMSA:チップ・ガナッシ参入発表で2021年のDPiは最低6台に。デュバルがJDCからフル参戦か

 チップ・ガナッシ・レーシング(CGR)は11月16日、2021年のIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権・DPiクラスに、キャデラックDPi-V.Rで参戦すると発表した。1台体制が予想されているが、ドライバーラインアップはまだ明らかにされていない。

 7度のIMSAチャンピオンシップ・ウイナーチームであるCGRは、2016年から2019年にかけてフォードGTのファクトリープログラムを担ってきたが、フォードがDPiプログラムを実施しないことを決定したため、2020シーズンはウェザーテック選手権に参戦していなかった。

2019シーズンまでCGRは、GTLMクラスにフォードで参戦していた
2019シーズンまでCGRは、GTLMクラスにフォードで参戦していた

 CGRは2015年以来となるトップレベルのプロトタイプレースへの復帰を目指し、複数のマニュファクチャラーと協議を重ねていた。

「(フォードGTによって)GTLMクラスで数年戦った後、IMSAに再び復帰し、総合優勝を目指してレースをするのが待ち切れないよ」とチームオーナーのチップ・ガナッシは語る。

「ゼネラルモーターズとの協力体制はNASCARカップ・シリーズから拡大しており、これ以上幸せなことはない」

「キャデラックとの提携は我々のチームにとって大きなチャンスだ。(2021年)1月のデイトナ24時間レースから、彼らのために戦っていきたい」

 キャデラックのロリー・ハーベイ副社長は、来季のDPiラインアップにキャデラックが加わることは「素晴らしい追加要素」であると述べた。キャデラック勢としてはこのほか、アクション・エクスプレス・レーシングとJDCミラー・モータースポーツが参戦を継続する。

「デイトナ24時間レースで8回優勝したチップの経歴とこの種のレースにおける彼らのチャンピオンシップの経験によって、キャデラックは2021年のIMSAでDPiのタイトルを争う、もうひとつの確固たるチームを得た」とハーベイは語っている。

 今回のCGRの参戦確定によって、来季のDPiクラスでは少なくとも以下の3メーカー・6台のフルシーズンエントリーが見られることとなりそうだ。

■DPi参戦予定の全6台を整理

■アキュラDPi

・ウェイン・テイラー・レーシング
・マイヤー・シャンク・レーシング

■マツダDPi(1台体制に縮小)

・マルチマチック・モータースポーツ

■キャデラックDPi

・アクション・エクスプレス・レーシング
・JDCミラー・モータースポーツ(マスタング・サンプリング・レーシング)
・チップ・ガナッシ・レーシング

 キャデラック陣営では、2020年までアウディからDTMにフル参戦していたフランス人のロイック・デュバルが、JDCミラー・モータースポーツからフル参戦を果たすことが濃厚だ。実現すれば、デュバルにとっては初めてのフルシーズン・エントリーということになる。

 デュバルは2020年、『ミシュラン・エンデュランス・カップ』がかけられたウェザーテック・スポーツカー選手権の長距離レースで、同チームに加わっている。

2021年、DPiクラスへのフル参戦が濃厚となったロイック・デュバル
2021年、DPiクラスへのフル参戦が濃厚となったロイック・デュバル

 チーム代表のジョン・チャーチは、2020年最終戦のセブリングで来季ラインアップについて尋ねられたとき、「今週末と似たものになる」とSportscar365に対して語っている。セブリングではトリスタン・ボティエとセバスチャン・ブルデ、そしてデュバルの3人がドライブした5号車が、5位フィニッシュを果たしている。

 ブルデは2021年、NTTインディカー ・シリーズにフル参戦することが決定しており、デュバルがブルデに取って代わる形になりそうだ。

「我々は、セブ(ブルデ)がロングレースの際にチームに加わってくれるよう努める。まだ計画段階であはあるがね」とチャーチ。

 チャーチはまた、2020年に開始されたマスタング・サンプリングとの関係は2021年まで続くと述べている。

 2020年は(マスタング・サンプリングとのジョイント含め)2台体制で戦ったJDCミラー・モータースポーツだが、チャーチによれば2021年は1台体制に縮小される見込みで、85号車が来季のグリッドに着く可能性は低いという。

「正直なところ、大規模なスポンサーが得られなければ、2台体制は非常に厳しいものとなる。現在、懸命に努力を続けているが、難しい状況だ」

イエローのカラーリングおなじみのJDCミラー85号車は、2021年のグリッドにつくのは難しそうだ
イエローのカラーリングおなじみのJDCミラー85号車は、2021年のグリッドにつくのは難しそうだ

■アキュラ陣営ではインディカー・ドライバーが助っ人となるか

 また、アキュラのDPi陣営ではマイヤー・シャンク・レーシングが先日、2019年にアキュラでDPi王者に輝いたデーン・キャメロンの起用を発表している。キャメロンは2020シーズン、ペンスキーがオペレートするアキュラARX-05を、来季はWECに参戦するファン・パブロ・モントーヤとともにドライブしていた。

 マイヤー・シャンク・レーシングはまた、オピリエ・プラの起用も発表済み。開幕戦のデイトナ24時間にはこのコンビに、AJ.アルメンディンガーが加わる予定だ。さらに1名、長距離レースではホンダ系のインディカー・ドライバーが加わるものと予想される。