ダラーラ ストラダーレに10台限定の「クラブイタリア」エディション登場! 【動画】

Dallara Stradale Club Italia Limited Edition

ダラーラ ストラダーレ クラブイタリア リミテッドエディション

イタリアの自動車文化を担ってきたクラブイタリア

イタリアのレーシングコンストラクター、ダラーラが開発した市販スーパースポーツ「ダラーラ ストラダーレ」の特別仕様車「クラブイタリア リミテッドエディション」が発表された。このスペシャルモデルは、イタリア・エミリア・ロマーニャ州のヴァラーノ・デ・メレガーリにあるダラーラ・アカデミーにおいて行われた、デジタルプレスカンファレンスで公開されている。

クラブイタリア(CLUB ITALIA)は、1985年に設立。現在、厳選されたわずか60名のメンバーが在籍しており、その中にはルカ・ディ・モンテゼーモロ、ピエロ・フェラーリ、マウロ・フォルギエーリ、パオロ・カンタレッラといった、イタリアを代表する著名人が含まれている。

クラブ・イタリアの使命は、文化的、技術的、社会的にイタリア製自動車のイメージを向上させることにあり、長年にわたり様々なメーカーからクラブのトリコロールバッジが刻印された限定モデルが登場してきた。

1992年に登場した「ランチア デルタHFインテグラーレ エボルツィオーネ16V クラブイタリア」に始まり、「フィアット バルケッタ クラブイタリア」、「アルファ 4C クラブイタリア」と続き、その最新作として「ダラーラ ストラダーレ クラブイタリア リミテッドエディション」が加わった。

ダラーラ ストラダーレ クラブイタリア リミテッドエディションのエクステリア

イタリアを象徴するマットダークブルーのボディカラー

エクステリアは、イタリアのナショナルカラーからイメージされたマットダークブルーのカーボンファイバー製ボディワークが最大の特徴となる。ヘッドライト、ミラー、空力パーツは、グロスブラックのカーボンファイバー製。ラジエーターグリルとエンジンフードは新デザインのヘキサゴナル・アルミメッシュ。足元にはイエローに専用ペイントされたブレーキキャリパーが与えられている。

無料オプションとして、フロントエアロデバイス、ミラー、リヤウイングに専用のホワイトのディテールを加えることが可能。また、ドライバーズシート側ミラーにトリコロールの専用カラーリング。ボディ両サイドにハンドペイントされた「Club Italia」バッジが配されている。

インテリアは、エコフレンドリーなココアレザーにアクセントステッチが組み合わせられた。ダッシュボードには専用のメインページグラフィックを新たに採用。また、パッセンジャーシート側のインテリアにはトリコロールカラーのトリムを設置。また、フレームにはジャンパオロ・ダラーラのサインが刻印されている。

ダラーラ ストラダーレ クラブイタリア リミテッドエディションのエクステリア

600台の総生産台数のうちわずか10台

ダラーラ ストラダーレの総生産台数は600台に限定されており、すべてにシリアルナンバーが与えられている。今回発表されたクラブイタリア リミテッドエディションは、シリアルナンバー「201」から「210」までの10台のみが製造される予定だ。

ダラーラ・グループのジャンパオロ・ダラーラは、ダラーラ ストラダーレ クラブイタリア リミテッドエディションの発表に喜びを隠さない。

「クラブイタリアの友人たちのために、ダラーラ ストラダーレの限定モデルを開発できたことは、私たちにとって本当に名誉なことです。クラブイタリアは創立以来、常にイタリア車のイメージを世界に広めるために、重要な役割を担ってきました」

発表会に参加したクラブイタリアのウンベルト・ロッシ会長も次のようにコメントした。

「クラブイタリアは約20年にわたり、イタリアの主要自動車メーカーやバイクメーカーと協力して、その革新性を表現した限定モデルを手掛けてきました。ジャンパオロ・ダラーラが50年にわたるモータースポーツにおける成功経験を活かし、初のロードカー開発を決意したのであれば、クラブイタリアとのコラボレーションは必然だったと言えます」

「ダラーラ ストラダーレは、軽さを追求するという古典的な哲学を踏襲しながら、素材やエアロダイナミクス、シャシーデザインにおいて最先端・最高峰のテクノロジーを具現化しています。ダラーラとクラブイタリアのコラボレーションを象徴する仕様として、マットダークブルーのカーボンファイバーのエクステリアが選択されました」