「このS660は魅力的すぎる!」200馬力のツインチャージド仕様へとリメイク中!?

筑波最速のS660を目指したリメイク計画が進行中!?

オールマイティに楽しめるストリート仕様の頂点

街乗りメインのチューンドとして、”速く・楽しく・カッコ良く・快適に”というテーマでJ&Kが製作したのがこのS660。実車を前にするとその完成度はかなりのもので、小さなスーパーカーと呼べるほどのオーラを放っている。

エクステリアは、7PMというブランド(現在は廃盤)のボディパーツを軸に、各部を加工してオリジナリティを追求。落ち着きのあるソリッドグレーのボディカラーは、その昔ルノーのカングーを見て「いつか自分のクルマに取り入れよう」と思っていたものだという。また、実際、グレーにしてみると若干単調になりそうだったため、ブラックでシャドウを入れてスタイリングを引き締めている。

 
落ち着いたホワイトレザーのフルバケが存在感を主張するインテリア。ロールケージはサイトウロールケージ製の4P+サイドバーだ。
 

ステアリングはMOMOのチューナー。メインメーターは信頼性の観点からデフィのスポーツディスプレイFを採用し、車両情報を一括管理している。

機関系のチューニングも抜かりなし。エンジン本体はノーマルだが、HKSのGT100Rパッケージと燃料系の強化、ビーレーシングの大容量サージタンクなどをセットして約120psを引き出す。制御はHKSのフラッシュエディターを用いた現車セッティングだ。

ミッドシップというレイアウトが仇となり、熱気がこもりやすく冷却性能を高めにくいエンジンルーム。そこでJ&Kはオリジナルの水冷インタークーラーをオイルクーラーを組み込んだ上、さらにフードにはエアインテークと電動ファンをセット。真夏のサーキット走行時でも音を上げないクーリングシステムを構築している。

ボンネットも7PM製ベースのオリジナル仕様。フロントバンパーの開口部から取り込んだフレッシュエアはラジエターコアを通過し、そのまま大型のアウトレットダクトから強制排出される仕組みだ。

フェンダーはネガティブキャンバーを強めながら225幅のアドバンA052が履けるよう、軽規格を維持できる範囲でほんのわずかに広げられている。セットされたホイールはボルクレーシングTE37KCRだ。

足回りは、セントラルサーキットにおけるS660最速タイムを保持する“Tレーシング”のオリジナル車高調でセットアップ。ブレーキはエンドレスのキャリパーシステムで強化済みだ。

全方位スキのないメイキングが施されているが、このS660のチューニングはまだ終わりではない。いや、ここからが本番と言った方が正しいかもしれない。

というのも、元・筑波アタッカーであるオーナーのもとに「アタック走行会(2021年の初冬)でKカー枠を作るからバトルしよう」という打診が届いたのである。昔の血が騒いでしまったオーナーは、J&Kでパワートレインのアップデートを決意したのだ。

「エンジンの負担を減らすために、低回転からワイドバンドな200ps前後の仕様に仕上げていく予定です。手法的には当社の得意とするツインチャージャー化ですが、作動や圧縮によるメカニカルな抵抗を減らす機構を盛り込んでいくつもりです。作業は年内にも終わらせ、今シーズン中にアタックできるようにしたいですね」とは、J&Kの神保代表。

当面の目標は筑波1分5秒台。最終的には軽量化やサスペンションを煮詰めての1分切りがオーナーの理想値。タイムアタックシーンを盛り上げてくれるであろうニューカマーの躍進に期待しよう。

●取材協力:J&K 千葉県山武郡九十九里町真亀629 TEL:0475-76-2714