メルセデスAMG GLC 63 S vs ポルシェ マカンターボ、クラス最強SUVはどちらか? 【Playback GENROQ 2018】

Mercedes-AMG GLC 63 S 4MATIC+ × Porsche Macan Turbo Performance

メルセデスAMG GLC 63 S 4マティック+ × ポルシェ マカンターボ パフォーマンス

激烈な戦いに決着はつくのか?

高性能ミドルサイズSUVの雄、マカンターボに強力なライバルが登場した。最新の“ホットインサイドV”レイアウトを採用した、AMGおなじみの4.0リッターV8ツインターボ(510ps)を搭載するGLC 63 S 4マティック+だ。超高性能ミドルサイズSUVの最高峰モデルは一体どちらだろうか?

メルセデスAMG GLC 63 S 4マティック+とポルシェ マカンターボ パフォーマンスの走行シーン

「ともにSUVの域を超えたスーパーSUV」

ちょっと心配になるほどの勢いで増殖するメルセデスAMG、今度はSUVのGLCシリーズである。これまでは3.0リッターV6ツインターボの「43」だけがラインナップされていたが、今年初めに4.0リッターV8ツインターボを積む“本物”のAMG 63と高性能版の63 S(ともに4マティック+)が追加された。

63 S 4マティック+は、GLCシリーズに追加された最高性能版で、2基のターボチャージャーをVバンクの谷間に収めたAMG製4.0リッターV8ツインターボのM177型エンジンは、510ps/700Nmを発生する。トランスミッションは9Gトロニックをベースに、トルクコンバーターに代わって湿式多板クラッチを使用したAMGスピードシフトMCTを搭載、駆動力配分可変(前後50対50〜0対100)の「4マティック+」によって4輪を駆動する。ボディサイズは日本ではミディアムクラスだが、そこにメルセデスAMG自慢の最新コンポーネントをこれでもかというぐらいに詰め込んだ“全部載せ”の高性能SUVである。

メルセデスAMG GLC 63 S 4マティック+のエンジン

「加速Gで気分が悪くなるぐらいのレーシングスタートを切れるGLC 63 S」

実際、0-100km/h加速は3.8秒を誇り、最高速度は250km/hでリミッターが作動するが、AMGドライバーズパッケージ付きの「S」だとそれが280km/hに引き上げられる。これはもう、スーパースポーツ並みの速さだ。思えば、ポルシェがカイエンを発表してから15年あまり、もはやSUVの世界はオンロードも快適に走れる4WDという次元を遥かに超えて、事実上オンロードでの走行性能だけを競うスーパーSUVの時代に入った。

このGLC 63 Sの場合も、ドライブモードを切り替えるダイナミック・セレクトには、クローズドコースのみでの使用を推奨する「レースモード」も設定され、レーススタート機能(いわゆるローンチコントロールだ)を使えば、誰でも簡単に、加速Gで気分が悪くなるぐらいのレーシングスタートを切ることができる。それにしても最近AMG各モデルに軒並み採用されている“パナメリカーナグリル”を眺めながら思うのは、こんなに背が高くて、立派な図体の2トン超の4WD車がこれほどパワフルでいいものか、ということだ。ライバルがいる限り競争が先鋭化するのは当たり前ではあるが、重く大きなSUVが驚異的な運動性能を持つことに、心からは納得できないのがオヤジ世代なのである。

ポルシェ マカンターボ パフォーマンスのエンジン

「マカンターボは全開加速での吹け上がりも中間域でのレスポンスもリニアで痛快」

高性能SUVのパイオニアであるポルシェ カイエンの弟分に当たるのがご存知マカンである。そのシリーズには4気筒ターボのマカンから、3.0リッターV6ツインターボのマカンSとGTS、そして3.6リッターV6ツインターボのマカンターボまでラインナップされ、そのターボのさらに強力版がマカンターボ パフォーマンスである。3.6リッターの排気量は変わらないものの、V6ツインターボは「ターボ」の400ps/550Nmから440ps/600Nmに増強されており、ローンチコントロール付き7速PDKによる0-100km/h加速は4.4秒というフラッグシップモデルである。

ちなみに、マカンターボの3.6リッターV6ツインターボは、以前のカイエンターボに搭載されていた4.8リッターV8ツインターボから2気筒を省略したもので、いわばひとつ前の世代のユニットだが、既にパナメーラやカイエンが新世代の4.0リッターV8ツインターボに換装されていることを考えると、マカンも近いうちにバージョンアップの手が入るはずである。ライバルに引き離されたままではいられないからだ。

今ではマカンSやGTSもツインターボだが、マカンターボ パフォーマンスはさすが本来の「ターボ」というべきか、全開加速での吹け上がりも中間域でのレスポンスもリニアで痛快、もちろん怒涛のパワーという点ではGLC63 Sには及ばないが、オンロードでの体感的な速さは遜色ない。むしろ山道での気持ち良さは上回る。ボディサイズも車重もGLC 63 Sとほぼ同じながら、無駄な動きを残さないフラットなサスペンションや自然でリニアなステアフィールのおかげで、身体にフィットするような一体感に満ちている。SUV贔屓ではない私でも、さすがポルシェと感心した。

メルセデスAMG GLC 63 S 4マティック+とポルシェ マカンターボ パフォーマンスのリヤスタイル

「実用性や扱いやすさはGLC 63 Sに軍配が上がる」

一方のGLC 63 Sは、残念ながら乗り心地がラフである。ダンピングだけでなくスプリングレートも可変制御するエアボディコントロールをベースにしたAMGスポーツサスペンションなるシステムが採用されているが、これまでの他のAMGモデルの経験に照らし合わせても、この車だけはまるで建付けがどこか悪いような、ゆさゆさ、ドタバタ感が残る。モードを変えても基本的な印象は変わらず、なまじ怒涛のパワーがある分、ワインディングロードでは忙しなく、落ち着かないと感じるほどだ。標準の21インチタイヤも履きこなせていない印象である。

その代わりというわけではないが、実用性や扱いやすさはGLC 63 Sに軍配が上がる。GLC 63 Sには当然ながら最新のADASが備わっており、アダプティプクルーズコントロールさえオプション装備(22万3000円)となるマカンターボとはそもそもの姿勢が違う。値段が違う、という意見もあるだろうが、車両本体価格ではかなりの差があるように見えるマカンターボに、例によってオプションを加えていくとほとんど同じようなレベルになることは留意されたい。ファミリーユースも考慮すべきSUVには、少なくともセーフティシステムは標準装備しなければいけない。飛ばすと気持ち良い、だけではSUVに太鼓判を押したくないのが私の本音である。

REPORT/高平高輝(Koki TAKAHIRA)
PHOTO/山本佳吾(Keigo YAMAMOTO)

【SPECIFICATIONS】

メルセデスAMG GLC 63 S 4マティック+

ボディサイズ:全長4682 全幅1931 全高1625mm
ホイールベース:2873mm
車両重量:-
エンジンタイプ:V型8気筒DOHCツインターボ
総排気量:3982cc
最高出力:375kW(510ps)/5500-6250rpm
最大トルク:700Nm(71.4kgm)/1750-4500rpm
トランスミッション:9速AT
駆動方式:AWD
サスペンション:前4リンク 後マルチリンク
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール:前265/40R21 後295/35R21
燃料消費率(EU複合モード):-
車両本体価格:1455万円

ポルシェ マカンターボ パフォーマンス

ボディサイズ:全長4699 全幅1923 全高1609mm
ホイールベース:2807mm
車両重量:2000kg
エンジンタイプ:V型6気筒DOHCツインターボ
総排気量:3604cc
最高出力:324kW(440ps)/6000rpm
最大トルク:600Nm(61.2kgm)/1500-4500rpm
トランスミッション:7速DCT
駆動方式:AWD
サスペンション:前ダブルウイッシュボーン 後マルチリンク
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ&ホイール:前235/55R19 後255/50R19
燃料消費率(EU複合モード):9.7-9.5リッター/100km
車両本体価格:1194万円

※GENROQ 2018年 11月号の記事を再構成。記事内容及びデータはすべて発行当時のものです。