名古屋で『GO TOラリージャパン2021』11月21~22日開催。WRCカー展示やトークショー実施

 2021年シーズンのWRC世界ラリー選手権において、同年最終戦としての実施が発表されている『ラリージャパン2021』の開催まで1年を切った。そのラリージャパンをPRするイベントが11月21日と22日の二日間にわたって愛知県名古屋市のミツコシマエ ヒロバスで行われる。

 このイベントは2021年11月11~14日に、愛知県と岐阜県の両県にまたがって開催される予定のWRC日本ラウンド『ラリージャパン2021』の魅力をプロモーションするもの。名古屋市栄・久屋大通公園内の交流・集客拠点、ミツコシマエ ヒロバスにおいて11月21日から2日間の日程で行われる。

 イベントを主催するラリージャパン事務局は、来季WRC最終戦となる大会の開催予定自治体や協賛各社、報道各社らと連携し、開催まで1年を切ったラリージャパンの魅力を多くの人にPRしていくとし、会期中にはWRCの最高峰クラスを戦うTOYOTA GAZOO Racing WRTのシリーズ参戦マシン『トヨタ・ヤリスWRC(レプリカ)』の展示やラリードライバーのトークショーなどを予定。
 
 また、WRCの歴史を紹介する展示やラリージャパン・オフィシャルパートナーであるライフガードの“ライフガードカー”の展示および飲料サンプリングの配布に加え、大会開催予定地のイベント紹介ブース、WRC開催国の料理を楽しめる飲食販売ブースなども設けられる。

 さらに、21日(土)11時30分からは大会優勝者に贈られるトロフィーのお披露目も行われる同イベントの入場は2日間ともに無料となっている。そんな『GO TO ラリージャパン2021』の概要は以下のとおりだ。

■イベント概要

名称:GO TO ラリージャパン2021(GO TO Rally Japan 2021)
日時:2020年11月21日(土)~22日(日)11:00~19:00(両日とも)
会場:ミツコシマエ ヒロバス(MITSUKOSHImae-HIROBAs)
  名古屋市中区栄3丁目5−10の先、久屋大通公園内
入場料:無料
出展&プログラム:オフィシャルパートナー・自治体・メディアパートナーズブース、eスポーツコーナー~WRC8ゲーム体験、ラリーカー展示、トークショー、ラリーヒストリー展示、ラリージャパン2021情報、WRC開催国料理飲食販売ブースほか