レーシングポイントF1、ストロールの失速は「フロントウイング裏側の損傷」によるものと明かす/F1トルコGP

 レーシングポイントは、第14戦トルコGPの決勝レース後にランス・ストロールのマシンを調査し、フロントウイングの損傷がタイヤのグレイニングを“大量に”発生させたことで、ストロールのレースが台無しになったことを明らかにした。

 ストロールは自身のF1キャリアで初となるポールポジションを利用して、日曜日のレース序盤では首位を走行していた。周囲のドライバーが最初のピットストップのローテーションに入る数周の間は別として、ストロールは堂々たるパフォーマンスを見せていたが、タイヤのグレイニングの問題が彼のリードを脅かした。

 残念ながら、ストロールが38周目に2セット目のインターミディエイトタイヤに交換した後も問題は悪化するばかりであり、彼は9位という期待外れの結果に終わった。

ランス・ストロール(レーシングポイント)
2020年F1第14戦トルコGP ランス・ストロール(レーシングポイント)

 レース後、ストロールはグレイニングの問題に困惑したことを認めたが、月曜日にレーシングポイントはソーシャルメディア上でこのトラブルの原因を説明した。

「レース後、通常のマシンセットダウンの最中に、我々はランス・ストロール車のフロントウイングの裏側に損傷を発見した。これが、彼がトルコGPでインターミディエイトタイヤを履いて走行した第2および第3スティント中に起きたグレイニング問題の最大の原因だ」とチームは説明した。

「ランスは、17周目以降アンダーステアが酷く、グレイニングが発生していてタイヤのパフォーマンスが芳しくないと報告した。36周目にピットストップをして新品のインターミディエイトタイヤに履き替えても問題は解決できず、グレイニングはいっそう酷くなった」

「フロントウイングの裏にあるストレーキのひとつが緩み、フロントのダウンフォースを著しく減らす形で塞いでいる状態だった。結果としてフロントのダウンフォースが失われたことで、グレイニングの度合いが上がってしまった」

「レース中のデータでは、フロントのダウンフォースが著しく減少していることが確認されていた。しかしフロントウイングの表側には目に見えるダメージがなかったこと、またグリップの低いコンディションであったことから、データが正確なのかどうか確認することが難しかった」

「損傷とフロントウイング裏側を塞いでいるものが発見されたのは、レース後にマシンがガレージに戻ってきてからだった」

 イスタンブールでのレースが終わって3戦を残す現在、レーシングポイントはコンストラクターズ選手権でマクラーレンに5ポイント差をつけてランキング3位となっている。これには、トルコGPで2位につけたセルジオ・ペレスの功績が大きい。

 同じくランキング3位を争っているルノーはトルコでは1ポイントしか獲得できず、ランキングではレーシングポイントに18ポイント差をつけられている。

2020年F1第14戦トルコGP ランス・ストロール(レーシングポイント)が初ポールポジションを獲得
2020年F1第14戦トルコGP ランス・ストロール(レーシングポイント)が初ポールポジションを獲得
2020年F1第14戦トルコGP ランス・ストロール(レーシングポイント)が初ポールポジションを獲得
2020年F1第14戦トルコGP ランス・ストロール(レーシングポイント)が初ポールポジションを獲得