BTCC最終戦:インフィニティQ50のアシュリー・サットンが、自身2度目のタイトル獲得

 混沌の2020年を駆け抜け、ついに第9戦のシーズンフィナーレを迎えたBTCCイギリス・ツーリングカー選手権。11月14~15日にブランズハッチのインディ・サーキットで3ヒートが争われ、今季から復活の元ファクトリーカー『インフィニティQ50BTCC』をドライブした、2017年王者アシュリー・サットン(レーザーツールス・レーシング)が、スバル・レヴォーグでの戴冠に続き自身2度目のドライバーズタイトルを獲得した。

 わずか9点差で敗れたディフェンディングチャンピオンのコリン・ターキントン(BMW330i Mスポーツ/チームBMW)は、名門ウエスト・サリー・レーシングとBMWに、チームとマニュファクチャラーの両タイトルをもたらしている。

 シリーズを運営するTOCAは、世界的に蔓延する新型コロナウイルス(COVID-19)感染症に対する行動制限を受けながらも、8月の開幕以降2020年シーズンを形成する全9戦を滞りなく開催し、ついに最終戦ブランズハッチの週末を迎えた。

 第3波の到来でふたたび無観客でのレースウイークとなった“ショート版”インディ・サーキットでの走り出しは、直前に来季契約を発表したFK2シビックのジェイク・ヒル(ホンダ・シビック・タイプR/MBモータースポーツ・アクセラレーテッド・バイ・ブルースクエア)がトップタイムを記録。

 そして予選では、タイトルコンテンダーの一角でもあったスピードワークス・モータースポーツのトム・イングラム(トヨタ・カローラBTCC/TOYOTA GAZOO Racing UK ・ウィズ・ギンスターズ)が今季最後のポールポジションを獲得するなど、週末は悪天候が続くと予測されたケント州のトラックで、日本のマニュファクチャラーを出自に持つマシンたちが勢いを見せた。

 明けた日曜のレース1でその流れを受け継いだのは、4番グリッドから虎視淡々と逆転タイトルを狙ったチーム・ダイナミクスのダン・カミッシュ(FK8型ホンダ・シビック・タイプR/ハルフォーズ・ユアサ・レーシング)で、オープニングラップの“Paddock Hill Bend(パドックヒル・ベンド)”でフロントロウ2番手のロリー・ブッチャー(フォード・フォーカスST/モーターベース・パフォーマンス)をアウトサイドから仕留め、タイトル候補同士のバトルを制してみせる。

今季最後の予選ポールポジションを獲得したトム・イングラム(トヨタ・カローラBTCC/TOYOTA GAZOO Racing UK with Ginsters)は「リラックスして楽しみたい」と一言
3年連続で最終戦にタイトル候補として挑んだTeam Dynamicsのダン・カミッシュ(FK8型ホンダ・シビック・タイプR/Halfords Yuasa Racing)
「このグリッドとこのチャンピオンシップ、チームのレベルで、全体3位になることは素晴らしい結果」と、清々しい気持ちと明かしたダン・カミッシュ

■セーフティカーを味方につけたシビックがR1で勝利

 早朝から豪雨に見舞われたトリッキーなコンディションで抜群の速さを披露するFK8シビックに対し、その眼前に立ちはだかったのがもう1台のジャパニーズ・モデル、日本名“スカイライン”のインフィニティQ50。

 3番グリッド発進だったサットンは、カミッシュと同時にフォードを攻略すると、FK8シビックを巧みに抑え込む。しかし4周目のヘアピン“Druids(ドルイド)”でFRサルーンのオーバーテイクに成功したシビックは、そのまま首位カローラのテールへと迫っていく。

 すると、その直後には後続のアクシデントでセーフティカー(SC)が導入されギャップが消滅すると、リスタートを「待ってました」とばかりに、ふたたびヘアピンのインサイドに文字どおりスライドしながら飛び込んだシビックがカローラを抜き去り勝負あり。

 その背後では路面の雨量とFRの車両特性がマッチしたか、レースペースを上げてきたサットンのインフィニティがカローラのテールに張り付き、22周目には“Surtees(サーティース)”でのサイド・バイ・サイドを制して2番手に浮上。タイトル戦線に喰い下がる勝者カミッシュに対し、この追撃の最中にファステストラップを記録して、ボーナスポイントも加算した2位サットンが選手権首位に返り咲き。3位にトヨタのイングラムと、日本車勢が表彰台を独占する結果となった。

 一方、この雨天でのペースに苦しんだのが4冠王者のターキントンで、予選8番手からほとんどポジションを上げることができず9位でフィニッシュ。その流れは24周のレース2でも同様で、ドライへと回復方向のトラックで各車のタイヤ選択が分かれるなか、なんとか4位まで挽回したものの、前を行く勝者サットン、2位イングラム、3位カミッシュもスリックタイヤで滑りやすい序盤をしのいで、連続ポディウムを確保する。

 これでサットンは大量リードを手にし、この時点でイングラムはタイトル争いから脱落。カミッシュも最終ヒートで勝利とファステストラップ獲得がマストという、厳しい状況へと追い込まれた。

 そして迎えた2020年最終のレース3。いたずらな天候はここでも気まぐれを起こし、スタート直前にまたも雨量を増したことで、トップ12リバースグリッドのレースは難コンディションでのスタートに。

 ここでレースを支配したのは3番手発進だったフォードのブッチャーだが、すでに王座獲得の権利は潰えたあと。レースの焦点は中段でもがくタイトル候補たちのポジション争いに。

R2はウエット、ドライと装着タイヤが分かれる状況でスタート。直後はコースオフが連発する展開に
「全体的にポジティブなシーズンで、チームとマニュファクチャラータイトルを得たのは重要。絶対に恥ずべき結果ではない」と、こちらも成果を強調したコリン・ターキントン(BMW330i Mスポーツ/Team BMW)
「この週末は、絶対にトラブルとは無縁でいること」と語っていたサットンが、R2勝利で俄然、有利な状況を作り上げた

■インフィニティの復帰イヤーにチャンピオン獲得

 スタートで7番手にまで躍進したターキントンのBMWだったが、その勢いを上回ったカミッシュのシビックは、一時3番手にまで浮上する。しかしその状況では逆転タイトルに充分でなく、BMWの背後を悠々とクルージングして追走したサットンのインフィニティは、19周目にペースの鈍った王者ターキントンを仕留めて直接対決も制し、6位でフィニッシュラインへ。

 最終レースの勝者ブッチャー、2位に週末3戦連続表彰台のイングラム、3位に自らの契約更新を祝うヒルが続いたポディウムの背後、4位にカミッシュが続くも、ファクトリー・ホンダの逆転チャンピオンはならず。サットンがレーザーツールス・レーシングとチームBMRのジョイント1年目、インフィニティのシリーズ復帰初年度で、見事にドライバーズチャンピオン獲得の栄冠を手にした。

「僕らのようなインディペンデント・チームが、総合でのタイトルを勝ち獲るのは絶対的に夢のような話なんだ。ともに戦ったレーザーツールス・レーシング、BMRエンジニアリングのメンバー全員にお礼を言いたい。彼らを誇りに思うよ」と、喜びを語った新王者サットン。

「この週末は土日を通じてミックス・コンディションになることが分かっていた。予選ではウエットでポールを逃し危機感を募らせていたけど、今日は完璧なポジションで戦い、レース2ではドライでのペースも良くて正直驚いたんだ」

「選手権のポイント差なんてツーリングカーでは合ってないようなモノで、1レースですべてがひっくり返る状況を数多く目にしてきた。最終ヒートはコリンの背後につけ、何もアクションを起こす気はなかったが、彼のドアが空いたので初めて行動に出たんだ」

「観客やファンと一緒に体験できないのは本当に残念だが、年間を通して良いショーを開催しようと努めてきた。自宅からサポートしてくれたみんなも、このタイトルを喜んでくれているといいね」

 これで2020年の全9戦を無事に終えたBTCCイギリス・ツーリングカー選手権は、すでに2021年の暫定カレンダーも発表済み。全10戦を予定するシーズンは、今回のフィナーレとなったブランズハッチ・インディで4月の幕開けを予定している。

2015-16年以来のシリーズ本格投入となったインフィニティQ50BTCCに対し「ハッキリ言って、そのパフォーマンスに驚いた」とサットンも称賛
ランキング5位に終わったロリー・ブッチャー(フォード・フォーカスST/Motorbase Performance)も「21年は再びタイトル候補として戦える」と、自信を深める
「2度目のタイトルの方が簡単だなんて、それは嘘だ」と、重圧を感じていたと明かすアシュリー・サットン。スバルに続く2度目の戴冠となった