「時代に逆行する漢のドッカンターボ仕様が面白い!」チューンドらしさを追求した美しきBNR34

このジャジャ馬感こそチューニングカーの醍醐味!

アクセル全開がクセになる900馬力のT88タービン仕様

タイムを削ぎ落とすためのチューニングではなく、刺激に満ち溢れたリアルチューンドらしさを追い求めたというBNR34の登場だ。メイキングを担当したのは、関西エリアの老舗ショップ“ピットロードM”。

エンジンはブースト圧1.3キロ時に最高出力800ps、最大トルク80kgmを発生させる仕様。排気量は2.6Lのままだが、腰下ムービングパーツの強化およびバランス取りは徹底して行われており、インマニの赤い結晶塗装やエンジンカバーをブラックアウトするなど見た目にも拘る。乗り味はドッカンだが、全体的に丁寧な仕上がりだ。

組み合わされるタービンは、ウエストゲート式のT88-33D。ブーストの立ち上がりは4000rpmというかなりの高回転型だ。

スカスカな低速領域を補うべく導入されたNOS。4000rpm以下のトルクが細い回転で噴射されるようF-CON Vプロにてセッティングが行われている。

サスペンションには別タンク式のアラゴスタ車高調(F14kg/mm R12kg/mm)をチョイス。加えてクスコの調整式アッパーアームなども投入し、ハイパワーに見合ったコントロール性能を与えている。LSDはATSのカーボンタイプを奢る。

ブレーキキャリパーは前後共にエンドレスのモノブロック。ローターはフロントに370mm、リヤに355mmサイズの2ピーススリットを投入している。ホイールはボルクレーシングTE37SL(FR10.5J)、タイヤにはアドバンA050(FR265/35-18)を組み合わせる。

ドアは一見すると純正品だが、実はオリジナルのドライカーボン製を純正色でペイントしたもの。1枚あたり約4kgという重量で、軽量化に大きく貢献してくれる。

エアロパーツはニスモのZチューンにマインズ製カーボンを組み合わせたシンプルなもの。とても“ジャジャ馬”とは思えない落ち着いたスタイリングだ。

「本当に強烈なパワーだよ。ドッカンターボで富士のストレートを駆け抜ける気持ち良さは他のマシンにはない大きな魅力。タイムを出すならもっと違ったセットが正解だろうけど、楽しさを追求するこういう作りもチューニングカーならアリだよ」とは、ドライブを担当した青木孝之選手。

乗り手を選ぶクセの強さはあるが、これほど強烈な個性を持ったチューンドはそういないだろう。

●取材協力:ピットロードM 兵庫県姫路市安富町安志912 TEL:0790-66-3359