『ディスカバリー・スポーツ』に、5+2シート標準装備の特別仕様車“スタイル7”が登場

 新型『ディフェンダー』の本格上陸で話題を集めるランドローバーで、シリーズのボトムを担うプレミアム・コンパクトSUV『DISCOVERY SPORT(ディスカバリー・スポーツ)』に、7人乗車ができるマニュアル3列目シートや20インチの大径ホイール、プレミアムLEDヘッドライト(シグネチャーライト付)などを特別装備した特別仕様車『DISCOVERY SPORT Style 7(スタイル7)』が限定50台で登場。11月13日より受注が開始されている。

 主力ブランド“RANGE ROVER(レンジローバー)”と並び、その高い悪路走破性を武器とするランドローバー系モデルのうち、『ディフェンダー』や『ディスカバリー』の弟分となるディスカバリー・スポーツは、Dセグメントのコンパクトなモノコックボディながら、本格的な走破性能や7人乗車のユーティリティ性能も満たす妥協なき性能が備わっている。

 さらにマイナーチェンジを受けたこの2020年モデルでは、フェイスリフトに加えて車体プラットフォームを2代目『レンジローバー・イヴォーク』などと同様の“プレミアム・トランスバース・アーキテクチャー”と呼ばれる最新世代に換装。横置きのフロントセクションを新設計とし、エンジン搭載位置を下げることでオンロードの走行性能を大幅に洗練させている。

 今回の特別仕様車は2リッター直列4気筒INGENIUM(インジニウム)ディーゼル(180PS/430Nm)を搭載した“ディスカバリー・スポーツS D180”をベースに、オプションで用意される「5+2」と呼ばれる7人乗車が可能なマニュアル3列目シートを特別装備。全長4610mmのボディにグレインレザー採用の3列シートを成立させた、日本の道路事情にジャストな7シーターSUVとなっている。

 さらにエクステリアでは、グロススパークルシルバーフィニッシュとした20インチ“スタイル5076”5スプリットスポークのホイールを装着し、シグネチャー付のプレミアムLEDヘッドライトで現行世代のディスカバリー兄弟に恥じないプレミアム感も演出。

 機能面ではハイスピードエマージェンシーブレーキ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロールを含む“ドライブパック”や、クリアイグジットモニター、パークアシスト、360°パーキングエイド、リヤトラフィックモニターを備える“パークパック”など、先進のドライバー支援システムを特別装備している。

 それ以外にも、オートハイビームアシストやパワーテールゲート、ステアリングヒーターの快適装備に加え、ワイヤレスデバイスチャージング、ラゲッジスペースUSB付フロント&リヤ12V電源など高い利便性と多用途性を備えた。

 エクステリアカラーはメタリックペイントのバイロンブルー(20台)、アイガーグレイ(20台)、そしてユーロンホワイト(10台)の3色から選択が可能で、上質なグレインレザーシートは全車明るいライトオイスターの色味とし、価格は695万円(消費税込)となっている。詳細はランドローバーの公式ホームページ(https://www.landrover.co.jp/offers-and-finance/landrover-special-cars/dss-style7-ed.html)まで。

オートハイビームアシストも備えるシグネチャー付のプレミアムLEDヘッドライトを特別装備
オートハイビームアシストも備えるシグネチャー付のプレミアムLEDヘッドライトを特別装備
クリアイグジットモニター、パークアシスト、360°パーキングエイド、リアトラフィックモニターを備える“パークパック”など、先進のドライバー支援システムを特別装備している
クリアイグジットモニター、パークアシスト、360°パーキングエイド、リアトラフィックモニターを備える“パークパック”など、先進のドライバー支援システムを特別装備している
全長4610mmのボディにグレインレザー採用の3列シートを成立させた、日本の道路事情にジャストな7シーターSUVに
全長4610mmのボディにグレインレザー採用の3列シートを成立させた、日本の道路事情にジャストな7シーターSUVに
ハイスピードエマージェンシーブレーキ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロールを含む“ドライブパック”も標準装備する
ハイスピードエマージェンシーブレーキ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロールを含む“ドライブパック”も標準装備する