ラッセル「好結果が期待できそうだったが、インターに交換したらまったく機能せず」:ウイリアムズ F1第14戦決勝

 2020年F1第14戦トルコGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのジョージ・ラッセルは16位、ニコラス・ラティフィは接触によりマシンにダメージを追ったためリタイアに終わった。

■ウイリアムズ・レーシング
ジョージ・ラッセル 決勝=16位
 ピットレーンからスタートすることにした。最初からそうするつもりだったんだ。レコノサンスラップでは、ピット入口でフロントウイングを壊してしまったが、メカニックたちが見事な働きをして、クルマを直してくれた。

 レース序盤はものすごくトリッキーだったけど、気づいたら11番手を走っていて、いい結果が期待できそうだった。クルマもタイヤもいい感じだったしね。その後、タイヤのグリップが落ちてきたので、ピットに入って新しいインターミディエイトに交換したところ、これがまったく機能しなかった。到るところで滑りまくっていて、誰も限界までプッシュできていなかった。

 この週末はあまり楽しくなかった。サーキットそのものは素晴らしいのに、それを存分に味わえなかったのが残念だ。ルイスに心からおめでとうと言いたい。彼はこれからも好成績をあげ、僕たちが追うべき目標であり続けると思う。

ニコラス・ラティフィ 決勝=リタイア

ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)
2020年F1第14戦トルコGP ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)

 ロマン・グロージャンとの接触でクルマにダメージを負い、リタイアすることにした。上位のドライバーに次々とラップされていたが、ミラーが汚れてしまって、後方はほとんど見えなかった。譲らなければならないことは分かっていても、いったい彼らがどこにいるのか、判断が難しかったんだ。

 タイヤはまったくグリップせず、熱を入れることができなかった。そして、クルマにダメージを負ったこともあり、あのまま走り続けても意味がなかった。僕にとっては、楽しいことなど何もないレースだったし、全体として早く忘れてしまいたい週末だった。