ゴードン・マレー「T.50」のV12サウンドが咆哮する! ダリオ・フランキッティのVlogが公開中【動画】

Gordon Murray Automotive T.50

ゴードン・マレー オートモーティブ T.50

ゴードン・マレーとダリオ・フランキッティがタッグを組む

ゴードン・マレーが放つ次世代ハイパーカー「T.50」は、2020年8月5日にワールドプレミア。たった48時間で生産分の100台が完売し、実車が走り出す前から多くの話題をさらっている。マクラーレン F1が20世紀の最高傑作なら、T.50は間違いなく21世紀を代表するスーパーカーの1台になるだろう。

そのT.50の開発に携わっているのが、伝説的ドライバーのダリオ・フランキッティだ。インディ500で3度の勝利を飾ったダリオは、その経験や知見を活かしてT.50、とくにレーシング仕様の「T.50s」のセットアップについてアドバイスを提供していくという。また、T.50の開発プロセスを逐一公開する公式Vlog(動画ブログ)のレポーター役も務める。

ゴードン・マレー オートモーティブ T.50のサイドビュー

一切の妥協なしに設計・開発するスーパーカー

ゴードン・マレーは次のように語っている。

「ダリオは古くからの友人であり、また、私は彼を崇拝するファンのひとりでもあります。ゴードン・マレーグループの一員として彼が加わってくれることは、とても喜ばしいことです。T.50をこれまでで最もドライバー中心のスーパーカーへと磨きあげるべく、彼が我々を助けてくれることになりました。ダリオはゴードン・マレーブランド全体の構築に携わります。将来的なプロダクトも含めてね。また、彼のTVプレゼンターとしてのスキルを、T.50及びT.50sの開発プロセスを皆様に披露する動画にも活かしてもらいます」

さらにダリオ・フランキッティが続ける。

「情熱的なロードカーのいちファンとして、T.50の開発に携わることができてとても嬉しいですね。きっと驚くべきクルマになるはずです。一切の妥協なく設計され、開発されるスーパーカーなのですから。私にとっては、エンジニアとして、そして友人として、最も尊敬する人物であり続けてきたゴードン・マレーその人と共に働き、学べるという夢がついに叶った瞬間でもあります」

ゴードン・マレー オートモーティブ T.50に搭載するV12エンジン設計図イメージ

コスワース製V12の雄叫びは必聴

世界で最も軽く、最も高回転なコスワース製自然吸気V12を積む21世紀のスーパーカー「T.50」は、2022年初頭のデリバリーを目標に現在開発を進めている。車両価格は税抜きで236万ユーロ(約2億9500万円)で、生産分の100台はすでに完売。さらに、サーキット専用モデルの「T.50s」も25台限定で販売中で、こちらの生産は2023年中を予定している。

ゴードン・マレー T.50のVlogイメージ

T.50の開発に密着するダリオのVlogは随時アップ予定で、第1回公開分ではミュールカー(テスト・ミュール、ディべロップメント・ミュールとも。既存のボディなどにプロトタイプのコンポーネントを搭載して評価を行う開発試作車)のディテールに迫っている。試作のV12ユニットが咆哮するサウンドも確認することができる。雄叫びをあげるエンジン音に、思わず頬を緩めるゴードン・マレーの嬉しそうな顔も必見だ。