リカルド10位「行き場を失い、チームメイトに当ててしまった」ルノー【F1第14戦決勝】

 2020年F1トルコGP決勝で、ルノーのダニエル・リカルドは10位だった。

■ルノーDPワールドF1チーム
ダニエル・リカルド 決勝=10位
 スタートはうまく決まったのに、ターン1でルイス(・ハミルトン)とエステバン(・オコン)の間に挟まれて行き場を失い、チームメイトのクルマに当ててしまった。あの場面で、一番やりたくないことだよ。その出来事で2つほどポジションを下げた後、インターミディエイトに履き替えたが、それを最後まで持たせることができなかった。

2020年F1第14戦トルコGP スタート直後、ルイス・ハミルトン(メルセデス)とエステバン・オコン(ルノー)に挟まれる形になったダニエル・リカルド(ルノー)
2020年F1第14戦トルコGP スタート直後、ルイス・ハミルトン(メルセデス)とエステバン・オコン(ルノー)に挟まれる形になったダニエル・リカルド(ルノー)

 レースの途中で、僕はコース上で最速のひとりだと言われたんだけど、それから何周もしないうちにタイヤが完全に終わってしまった。もうすべてが運次第という感じだったね。

 7回目のドライバーズ選手権獲得を決めたルイス(・ハミルトン)に、おめでとうと言いたい。それもこんな圧勝で決めるなんて、本当にすごいよ。