ボッタス、1周遅れの14位「1周目の接触で車にダメージ。こんな悲惨なレースは初めてかも」メルセデス【F1第14戦決勝】

 2020年F1トルコGP決勝で、メルセデスのバルテリ・ボッタスは14位でノーポイントに終わった。

 ウエットコンディションのこの日、ボッタスは9番グリッドからウエットタイヤでスタート。好スタートを切ったものの、ターン1でルノーを避けようとしてスピン、ターン9では接触が起き、マシンにダメージを負った。チームによると、そのダメージがレースを通してパフォーマンスに影響したという。1周目に18番手まで落ちた後、7周目と46周目にインターミディエイトに交換する2回ストップで走った。しかしスピンを繰り返し、ポジションを上げることができず、優勝したチームメイト、ルイス・ハミルトンの1周遅れでフィニッシュした。

 今回の結果でボッタスは2020年チャンピオンになる可能性がゼロになり、ハミルトンが7回目のタイトル獲得を達成した。

2020年F1第14戦トルコGP タイトルを獲得したルイス・ハミルトンを祝福するバルテリ・ボッタス(メルセデス)
2020年F1第14戦トルコGP タイトルを獲得したルイス・ハミルトンを祝福するバルテリ・ボッタス(メルセデス)

■メルセデス-AMG・ペトロナスF1チーム
バルテリ・ボッタス 決勝=14位
 長いレースだった。本当に長い一日だったよ。1周目から物事が悪い方へと進んでしまった。誰かは知らないが、1コーナーで僕の目の前でスピンしたクルマがあって、それを避けて、僕もスピンしてしまった。その後、ターン9で接触があり、それ以降はマシンの状態が変わってしまった。

 コースをはみ出さないように走るだけのことすら難しく、実際コース上にとどまっていられなかった。ステアリングホイールが正常ではなく、フロントウイングの一部が欠けていた。つまりなんとか走り切るだけのレースになってしまったんだ。残念だよ。

 ルイスにはおめでとうと言いたい。今年のチャンピオンに彼以上にふさわしいドライバーはいない。今年全体を通して、誰よりも素晴らしい仕事をした。F1で7回タイトルを獲得するというのは、素晴らしい実績だ。

(レース後の会見で語り)ストレートを走っているとステアリングが左に曲がってしまうし、左コーナーではマシンの挙動がおかしくて、スライドした。最後までずっと、マシンが正しい状態ではなかった。やっかいで悲惨なレースだったよ。

 今までのF1キャリアのなかで一番難しいレースだったかもしれない。リザルトの点でもひどかった。