200万円台で手に入る個性派コンパクトプジョー208は国産コンパクトカーもウカウカできない実力車【ドリキンの新車比較試乗】

●「ベンチマーク」のポロと「ニューカマー」のプジョー208を試乗

全長4m程度のコンパクトカー。いわゆるBセグメントと呼ばれるカテゴリーは、国産車ではトヨタヤリス、ホンダフィットが凌ぎを削っています。輸入車ではVWポロを中心に、アウディA1、シトロエンC3、ミニなど個性一杯のクルマが激しい販売競争を繰り広げています。

プジョー208外観02
欧州Bセグメントのライバル車をドリキンに比較試乗してもらった。

そして2020年新型プジョー208が登場し、さらにマーケットは盛り上がりを見せています。そこで今回は、欧州BセグメントのベンチマークであるVWポロと新型プジョー208をドリキン・土屋圭市が試乗し、それぞれの個性について語ってもらいました。

試乗したクルマのスペックです。

【VWポロ TSI R-Line(7DCT)車両本体価格310万9000円】

ポロ外観02
ポロのフロントスタイル。
ポロ外観03
ポロのリアスタイル。

全長4075mm×1750mm×1450mm、ホイールベース2550mm、車両重量1210kg、エンジン種類 直列4気筒ターボ、総排気量1497cc、最高出力150ps/5000~6000rpm、最大トルク250Nm/1500~3500rpm、使用燃料ハイオクガソリン、JC08モード燃費17.8km/L、サスペンション F:マクファーソンストラット式R:トレーリングアーム式、最小回転半径5.1m

【プジョー208アリュール (8AT)車両本体価格259万9000円】

プジョー208外観04
208のフロントスタイル。
プジョー208外観05
208のリアスタイル。

全長4095mm×1745mm×1445mm、ホイールベース2540mm、車両重量1160kg、エンジン種類 直列3気筒ターボ、総排気量1199cc、最高出力100ps/5500rpm、最大トルク205Nm/1750rpm、使用燃料ハイオクガソリン、JC08モード燃費19.5km/L、WLTCモード燃費17.0km/L、サスペンション F:マクファーソンストラット式R:トーションビーム式、最小回転半径5.4m

●ベンチマークであるポロの底上げによってカテゴリーのレベルがさらに上がった

俺がコンパクトカーに求めるものはまず扱いやすさ。大きさもそうだし、取り回し。クルマの四方やタイヤの位置がわかりやすいことだと思う。それは、コンパクトカーはビギナーが選ぶクルマだから。運転していて不安要素が小さいもしくは感じないことが大切だと思うんだ。

そしてこのクラスは国産車でもヤリス、フィット、ノート、マツダ2、スイフトと強豪がひしめき合っているけれども、輸入車も同じだよ。VWポロをベンチマークにミニ、シトロエンC3そして、今回試乗するプジョー208とまた役者が揃っている。これだけ個性的など選ぶ方も迷ってしまうよね。そこで今回はベンチマークのポロとニューカマーのプジョー208を試乗してそれぞれの個性を紹介したい。

ポロ外観01
ポロは路面からの入力を上手にいなしてくれるので乗り心地が良い。
VWポロ内装08
ポロをドライブするドリキン。

まずは、ベンチマークであるVWポロから。やはりベンチマークと言われるクルマが良ければ良いほどライバルたちはそのクルマにない魅力を出そうとがんばろうとする。

ポロのデザインは外装も内装も手堅い。このデザインを嫌いという人を少なくしようとしているのを感じる。つまり真面目なドイツ人が作ったんだなという「質実剛健」「理路整然」という四字熟語がピッタリ。

これは国産車にも言えることだね。特に室内は使い勝手重視のレイアウトに仕立てられている。遊び心は微塵もない。でもポロはこれで良いと思う。それはベンチマークだから。

VWポロ内装03
液晶パネルを多用していて、使い勝手は抜群。
VWポロ内装04
ステアリングに運転支援システムのスイッチがあり、操作しやすい。

ポロの3本スポークのステアリングは良いね。あとステアリングの太さ、大きさなんか落ち着くね。まるで故郷に帰ってきた感じに似ている。

その印象の良いステアリングのフィーリングは全く違和感がない。切ってからの反応も速いし、街乗りやライトなワインディングでは切った分だけしっかりと曲がる。アンダーステアーなんて微塵も感じない。

VWは上級モデルでもコンパクトカーであっても「絶対リアは出しません」という味付けになっている。これは一貫しているよ。これはVWの考える安全哲学だと思うし、すべてのモデルで一貫しているのは自分たちのポジションをわかっているということ。だからベンチマークとして成り立つと思うんだ。ちょっと悪くいえば、面白味に欠けるとも言えるけれども、それが嫌な人は別のクルマを選べば良い。

でも限界性能は相当高いから一般の人であれば、十分楽しめるクルマだ。

ポロ外観04
Rラインは17インチホイールを採用する。
VWポロ内装05
大人が3人乗ってもスムーズに加速する1.5Lターボエンジン。

このRラインに搭載されているパワートレインは1.5L直列4気筒ターボ+7速DSG。大人3人が乗車して、ストレスなく加速してくれるのだから十分満足できる。一般道であれば、アクセルを一生懸命踏まなくても十分に法定速度まで達してしまう。

特筆すべきは、質感の高い足回り。路面に凹凸があっても、シットリとしていて初期入力をしっかりと抑えていて高級車のよう。たとえば、1Gかかったところからの初期入力の質感が高い。ポロは17インチのタイヤを装着しているのだけれど、きっとテストしてみて16インチより17インチのほうが質感や乗り心地もいいし、ハンドリング性能も良いという結果になったんじゃないか。これは外してないし、真面目な人がVWを選ぶという理由だよ。

VWポロ内装06
ポロのフロントシート。
VWポロ内装07
ポロのリアシート。

ポロの性能は、やっぱり国産車ではちょっと物足りないという人に受け入れられる。それは全然レベルが違うから。一般的にコンパクトカーで350万円は高いと感じるはず。でも国産車とは全く走りの質感は違っていて、路面のつなぎ目を乗り越えた時など優しく吸収してくれる。

そしてシートの作りも良い。だからポロなばら500km位走っても疲れないだろうと期待できる。それくらい乗ると価格差なりの価値はしっかりと感じられる。ただココが素晴らしー!と感動するポイントはないんだけど、本当に嫌われる要素を排除しているクルマに仕立てられている。

VWポロ内装01
5人乗車時のラゲージ容量は351Lを確保する。
VWポロ内装02
後席を全て倒すと最大で1125Lまで拡大する。

●乗り味はスポーティだけど、オシャレアイテムとしてピッタリのプジョー208

続いてはプジョー208。今回試乗したのはアリュールというグレードで、新車価格は約260万円。ポロRラインより約50万円安いし、国産車とそれほど価格差はない。しかも先進の運転支援システムが標準装備なので、輸入車だけでなく、国産のコンパクトカーを考えている人もターゲットとなるはずだ。

もう、プジョー208は外観、内装ともにデザインが秀逸。全長約4.1mというコンパクトなボディだけど、存在感は抜群だしオシャレ。小さくても街に埋没することなく主張できる。この208は特に女性にオススメだと思う。それはオシャレで他人との差別化ができるから。もちろん男性でも良いけれど、表参道のコインパーキングに停めて、どんな人が降りてくるのだろうとワクワクできる。そういうクルマだよ。

ベンチマークであるポロとはそういった部分では大きな違いがあり、個性が際立っているよね。コンパクトカーはそういう冒険ができるのも楽しい。

プジョー208外観03
208の走行シーン。路面からの入力がダイレクトでスポーティな味付け。
プジョー208内装08
新型208をドライブするドリキン。

インテリアもカーボン調のパネルやピアノブラックの使い方が上手。こういう部分も女性のセンスをくすぐるよね。さすがフランスのクルマという感じ。シートの座り心地やステアリングの握り具合もいい全く違和感を感じない。

やっぱりクルマって乗って座って動かして違和感を感じないというのがオレはまず大事だと思うな。自分のフィーリングに合わないものを動かすというのはストレスを感じるし、愛することはできないよね。だから愛車にはならないということ。

プジョー独自のiコクピットは最初は違和感を感じるけれど、すぐに慣れるね。ずっとステアリングの隙間からインパネを覗いてきた俺には若干違和感は残ったけれど、若者ならばそれほど感じないと思う。ただし、メーターのバイザーの上部が盛り上がっているのが気になる。せっかく良好な視界を演出しているのに、これはそれを遮断するので、ココは改善してもらいたい。あと、メーターパネルを囲むシルバーの加飾も太陽が当たると反射するので、改善ポイントだね。それ以外はホントオシャレに仕上がっている。

プジョー208内装03
3D化されたiコクピットだが、コックピット上の盛り上がりが気になるという。
プジョー208内装04
アダプティブクルーズコントロールなど運転支援システムは標準装備。

プジョー208に搭載されているパワートレインは1.2L直列3気筒ターボ+8速AT。ヤリスも3気筒になったから注目だよ。この1.2Lターボはスゴイ軽快でなおかつスポーティ。

スポーツカーというレベルではないけれど、スポーティな印象を受ける。加速も鋭いとは言えないけれども1.2Lでこれくらいスムーズに加速してくれれば合格と言える。ストレスを感じないし、スゥッと吹き上がっていくので、運転していると1.5Lくらいあるかなと感じる。1.2Lという小排気量とターボの組み合わせが良いんだね。3気筒エンジンで良く言われる振動とか音だとか気にならない。上手く作っているよ。

でも足がちょっとドタバタしている。フラットな路面ならば乗り心地は良いけれど、ちょっとしたつなぎ目とかギャップがあるところはダイレクトに拾う。これをスポーティな味付けとも言えるけれど、ちょっと粗さも感じる。特に初期入力がダイレクトに来るから。もう少しギャップの入力とかは品良くしてもらいたいな。そうじゃないとドライバーは楽しいけれど、リアに乗っている人はツライとい思うから。

プジョー208内装05
評価の高い1.2Lターボエンジンは3気筒の気になる部分を感じさせない。
プジョー208外観06
アリュールは16インチホイールを装着する。

プジョーの乗り味で良く「ネコ足」という言葉が使われるけれども、今日乗った印象だと、オレは新型208はネコ足ではないと思う。ネコ足というのはしなやかさが特徴で、もっと入力をいなして、乗り心地の良さとハンドリングの良さを両立させたものを言うと思うんだ。

現状は無理にスポーツ感を出しているような感じだよね。俺が思うターゲットを女性に向けているのだとしたら、もう少ししなやかな足回りにしないとだめじゃない?と思うよね。ターゲットは男性もですといっても乗り心地はもっとマイルドにしたほうがいいよね。

だけどそんなに気になるほど足回りは硬いわけではない。思ったより、見た目より硬いなという感じ。装着しているタイヤも16インチだから、もう少し穏やかな乗り味でもイイと思うけど。ギリギリのところを攻めていると思う。

プジョー208内装06
208のフロントシート。
プジョー208内装07
208のリアシート。

260万円でこれだけオシャレなクルマが手に入るならば、価値はある。このスタイリングで目を引くし、インテリアに座った時にキレイでオシャレなクルマだなと思うから価格は適正だと思うし、こちらも外してないと思う。そしてナビ付けて300万円それは仕方ないなという感じ。

ヤリスやフィットの最上級クラスが250万円。+50万円で輸入車を選ぶステータスはどう思うか。そこは輸入車に乗っているステータスはあるよね。国産じゃイヤだなという人はいるし、50万円でオーナーシップ(満足感)を得られるのであれば高くないと考える人はいるから。要するに、国産車より+50万円のこのプジョー208をどのように着こなすか。それが大事だと思うんだ。

プジョー208内装01
5人乗車時のラゲージ容量は265Lを確保。
プジョー208内装02
後席を倒すせば、荷室は拡大するが、段差がある。

VWポロとプジョー208を乗り比べてみたけど、デザイン性も乗り味も全く異なるクルマだった。確かに乗り味はポロのほうが入力が抑えられていて、シットリとしているけれども、208のスポーティ感を演出した乗り味も悪くない。それくらい個性が違っていて、それぞれ際立ったものを持っているというわけ。逆にいうと比較したからこそ、違いが見えるということもあるんだ。

そしてもう一つ、プジョー208のような魅力あるクルマが200万円台で販売されていたら、国産コンパクトがウカウカしていられないと思う。せっかく良いクルマなのだから、プジョーには販売ネットワークの強化をお願いしたい。それはもっと見て、触って、乗ってもらえる機会を増やせば大きなチャンスがあると思う。

(コメント:土屋圭市、まとめ・スチール撮影:萩原文博)