IMSA:マツダ、セブリング12時間で1-3フィニッシュ。アキュラは2クラスで年間王者に

 北米スポーツカーシリーズの最高峰、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の2020年シーズン最終戦セブリング12時間レースが11月14日、フロリダ州のセブリング・インターナショナル・レースウェイで行われ、マツダモータースポーツの55号車マツダRT24-P(ハリー・ティクネル/ジョナサン・ボマリート/ライアン・ハンター-レイ組)が総合優勝を飾った。
 
 例年であれば1月の開幕戦デイトナ24時間に続く第2戦として3月に開催されているセブリング12時間だが、今季は新型コロナウイルスの影響でスケジュールが大きく変更されたことでシーズン最終戦として実施されることとなった。

 前戦ですでに一部のタイトルが決定したものの、多くのタイトルの行方が分からない状態で迎えたシーズン第11戦。その予選ではDPiクラスチャンピオン候補最右翼のアキュラ・チーム・ペンスキー、7号車アキュラARX-05(リッキー・テイラー/エリオ・カストロネベス/アレクサンダー・ロッシ)がポールポジションを獲得した。
 
 迎えた決勝ではその7号車アキュラが好スタートを決めた一方、2番手グリッドを得ていたライバルのウェイン・テイラー・レーシングの10号車キャデラックDPi-V.Rはスタート手順違反によるペナルティを受け、レース開始早々に下位に沈んでしまう。
 
 首位を走る7号車にとってはタイトルを争う最大のライバルが後退したことで楽な展開となったが、『好事魔多し』とはよく言ったもので、テイラー駆るアキュラはスタートから1時間後にトラブルを抱え、ガレージにクルマを戻す事態に。

 その後、デブリの回収やレクサスRC F GT3の2台同時クラッシュなどで複数回にわたってフルコース・コーションが出されるレース展開のなか、6号車アキュラARX-05とウィレン・エンジニアリング・レーシングの31号車キャデラックDPi-V.Rによるトップ争いが終盤まで繰り広げられていく。
 
 そんな首位争いに動きがあったのはスタートから9時間30分過ぎ。テール・トゥ・ノーズの接戦に持ち込んだ31号車キャデラックがコーナーで6号車アキュラのインを刺そうとしたところ2台が接触。6号車はスピン、そのまま走り去った31号車にはドライブスルーペナルティが出された。
 
 このアクシデントの間隙を縫って総合3、4番手につけていた2台のマツダRT24-Pがレースの主導権を握る。チェッカーまで残り1時間の時点で首位は77号車マツダ、2番手に55号車マツダが付け、このままいけばマツダ勢のワン・ツー・フィニッシュが実現する展開に。
 
 しかし、レース残り時間30分を切った直後に77号車に不運が襲いかかる。オリバー・ジャービスがドライブするマシンは左リヤタイヤのパンクに見舞われコースオフを喫し、その後の緊急ピットインで順位を落とすことになってしまう。

2020年IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第11戦セブリング12時間 スタートシーン
2020年IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第11戦セブリング12時間 スタートシーン
コニカミノルタ・キャデラックDPi-V.R(ウィレン・エンジニアリング・レーシング)の10号車キャデラックDPi-V.Rコニカミノルタ・キャデラックDPi-V.R(ウィレン・エンジニアリング・レーシング)の10号車キャデラックDPi-V.R
コニカミノルタ・キャデラックDPi-V.R(ウィレン・エンジニアリング・レーシング)の10号車キャデラックDPi-V.R
優勝した55号車マツダRT24-Pのジョナサン・ボマリート、ハリー・ティクネル、ライアン・ハンター-レイ
優勝した55号車マツダRT24-Pのジョナサン・ボマリート、ハリー・ティクネル、ライアン・ハンター-レイ
2020年IMSAシリーズチャンピオンを獲得したアキュラ・チーム・ペンスキーの7号車アキュラARX-05
2020年IMSAシリーズチャンピオンを獲得したアキュラ・チーム・ペンスキーの7号車アキュラARX-05
勝利を逃したショックを隠せない77号車マツダRT24-Pのオリバー・ジャービス
勝利を逃したショックを隠せない77号車マツダRT24-Pのオリバー・ジャービス

■アキュラ勢がDPi、GTDクラスで計6冠

 チームメイトの後退でトップに立ったのは55号車マツダ。アンカーを務めたティクネルは、ラスト20分強で迎えたコーションからのリスタートを落ち着いて決めると、その後もぐんぐんと後続との差を広げ、最終的には2位となった6号車アキュラに10秒のギャップを築いてトップチェッカー。3位には77号車が入り、マツダが伝統のセブリング12時間でワン・スリー・フィニッシュを達成した。

 タイトル争いは序盤のトラブルから復帰し総合8位でチェッカーを受けた7号車アキュラのカストロネベス/テイラー組が、同7位となった10号車キャデラックのランガー・バン・デル・ザンデ/スコット・ディクソン組をわずか1ポイント上回ってシリーズチャンピオンを獲得。

 チームチャンピオンも同じく1点差でアキュラ・チーム・ペンスキーに輝き、マニュファクチャラータイトルでも294対293、こちらも1ポイント差でキャデラックを上回ったアキュラに軍配が上がっている。なおIMSAミシュラン・エンデュランス・カップでは10号車キャデラックがドライバー、チーム、マニュファクチャラーの3冠を達成した。

 LMP2クラスではPR1マティアセン・モータースポーツの52号車オレカ07・ギブソン(パトリック・ケリー/シモン・トルーマー/スコット・ハファカー組)がポール・トゥ・ウインを決め、チームタイトルを獲得。ケリーが2020年シーズンのドライバーチャンピオンとなっている。
 
 実質的にコルベットの戴冠が決まっていたGTLMクラスでは、BMWチームRLLの25号車BMW M8 GTEがレース最終盤に首位を走っていたものの、最後のリスタート直後にGTDクラス車両に追突されたことでポジションを失ってしまう。
 
 これに乗じてトップに立ったポルシェGTチームの911号車ポルシェ911 RSR(ニック・タンディ/フレデリック・マコウィッキ/アール・バンバー組)が僚友912号車を従えてトップチェッカーを受け、今季限りでの撤退を発表しているポルシェワークスチームが最終戦で有終の美を飾った。
 
 GTDクラスは前述したBMWのアクシデントに巻き込まれた63号車フェラーリ488 GT3 Evo(ウェザーテック・レーシング)に代わって、レース最終盤にトップに立ったライト・モータースポーツの16号車ポルシェ911 GT3 R(ライアン・ハードウィック/パトリック・ロング/ヤン・ヘイレン組)が今季初優勝を飾っている。
 
 クラス2位はハート・オブ・レーシング・チームの23号車アストンマーティン・バンテージGT3がうれしいチーム初のポディウムフィニッシュ。道見真也がスタートドライバーを務めたマイヤー・シャンク・レーシングの86号車アキュラNSX GT3 Evoが3位となり、チームタイトルを獲得した。また、道見のチームメイトであるマリオ・ファーンバッハーとマット・マクマリーがドライバーズチャンピオンとなったほか、マニュファクチャラー選手権でもアキュラがライバルのポルシェ、レクサスなどを破って王座を獲得している。

 セブリングで2020年シーズンの全日程を終えたIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権。LMP3クラスが新たに追加されることになる2021年新シーズンの開幕戦は1月30~31日のデイトナ24時間レースだ。

PR1マティアセン・モータースポーツの52号車オレカ07・ギブソン
PR1マティアセン・モータースポーツの52号車オレカ07・ギブソン
有終の美を飾ったポルシェGTチームの911号車ポルシェ911 RSR
有終の美を飾ったポルシェGTチームの911号車ポルシェ911 RSR
ドライバー、チーム、マニュファクチャラーの3冠を達成したコルベット・レーシング
ドライバー、チーム、マニュファクチャラーの3冠を達成したコルベット・レーシング
ライト・モータースポーツの16号車ポルシェ911 GT3 R
ライト・モータースポーツの16号車ポルシェ911 GT3 R
7号車アキュラARX-05(左)と86号車アキュラNSX GT3 Evo(右)
7号車アキュラARX-05(左)と86号車アキュラNSX GT3 Evo(右)